【所沢市立山口小学校・教師が自殺強要事件】先生について~体罰・暴行内容~

      2017/07/22

所沢市立、山口小学校、教師、自殺強要、事件、先生、体罰、暴行、内容

子供間のいじめ問題も深刻化していますが、それを止めるはずの先生が・・・!?

事件が起こったのは埼玉県、所沢市立山口小学校、4年生の教室で起こりました。

まさか先生が生徒に自殺を強要し、暴行を与えていたとは、耳を疑いますね。

その内容と学校について調べます。

 

スポンサーリンク

報道内容

2017年7月12日。

事件が起こった小学校は、埼玉県、所沢市立山口小学校。

小学4年生(10歳)の男子児童が友達と“鉛筆削りの貸し借りを巡って言い争いをした”。

その事が理由で先生は激怒し、暴言を吐きます。

 

『今すぐ窓から飛び降りろ!』

『命が惜しいのか。早く飛び降りろ。』

 

と何度も迫ったと言います。

教室は3階にあり、それは【死】を意味します。

先生から【自殺しろ】と強要されたに等しいのです。

先生もそれを理解していたとされる、とどめの言葉がコチラです⏬

『このクラスは34人だったが、明日から33人でやっていこう』。

 

⇒埼玉県所沢市・山口小学校ホームページ

 

先生について

今現在分かっている事です⏬

■埼玉県所沢市山口小学校、教諭

■40代の男性

スポンサーリンク

暴言・暴行内容

この先生、やはり余罪がありました。

同じ生徒に対して、過去に背中を蹴るなどの暴行をした事も分かっています。

 

母親の証言

『腰や背中が痛いって言っていた時期があって、背中を蹴られたりとか、首をやられたり、しめらりとか・・・』

もう、意味不明ですね・・・

首をやられる?

しめられる??

これは体罰の域を完全に超えている。

問題の先生と学校の対応

■男性教諭

・・・『窓から飛び降りろ』と死につながる事を話しました。

■校 長

・・・『指導に値しない。暴言であり体罰である』と、発言や行動の事実を認め謝罪しました。

 

報道では明らかにされなかった事実?

ここまでの報道で、私も確実にこの先生が悪いと判断し、批判的なコメントを書いていました・・・

しかし、私のブログに寄せられたコメントと、また、山口小学校の同級生の女子児童の母親のTwitterが流出し、見解が変わってきました。

 

ブログに寄せられたコメント

ふざけんな。先生はそんな人じゃない。何も知らねーくせにクソモンペに踊らされやがって!
地元民にしか分かんねーこともあんだよ。クラスのみんなが先生は体罰なんてしてないって庇っているのを知ってるの?子どもの気持ちを直ぐ踏みちぎるよね、大人って。

その言われた子も母親も近所じゃ悪名高いんだよ。マスゴミが嘘を騒ぎ立て、先生が可哀想。言わされてるんだ。大人なんてみんなクズだ。子どもの言うことなんて聞いてくんねーもんな。一番近くで見てたのは子どもなのにな。嘘吐きヤローが!

 

同じクラスの女子児童の母親のTwitter

 

どちらもこの先生を知る人物に思えます。

これが本当であれば感じ方は随分と変わってきます・・・

実際、先生の処分をしないよう署名活動が行われていると言いますから、先生の評判は決して悪くなかったのでしょう。

テレビでは報道されなかった部分があったのは、間違いが無いと思い、私自身批判的なコメントをした事を反省し、訂正させて頂きます。

 

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ