【安倍総理が病気!肺がん?】潰瘍性大腸炎の悪化は確実~ストレスの原因は昭恵と支持率低下~

   

安倍総理、病気、肺がん、潰瘍性大腸炎、悪化、ストレス、原因、昭恵、支持率低下

ネット上で囁かれている【安部晋三が病気で肺がん説】・・・

安倍さんといえば【潰瘍性大腸炎】のはずでは?

このような噂が流れた理由は何でしょう?

体調悪化はどうやら間違いがない様子。

安倍さんは過去にも政権を放り出して、首相の座をアッサリ捨てた経歴があるだけに今回も気になりますね。

 

スポンサーリンク

安倍総理の体調悪化は本当。

安倍総理が外遊日程を一日早く切り上げて帰ってきたのは体調が悪化したからだそうです。

 

そして【間もなく入院】する説が飛び交っています。

都議選の時からすでに噂は出ており、街頭演説にも“立たなかった”のは“立てなかった”から。

 

6月9日深夜0時過ぎ、安倍首相の自宅に主治医が急遽駆けつけたのは事実のようで、数人の医師がタクシー4台に乗って駆けつけたといいます。

どうやら、服用していた薬が効かず体調が急変したのではないか・・・

 

安部晋三の持病

安倍総理といえば、前政権時代【潰瘍性大腸炎】を理由に総理の座をアッサリ捨てた過去がありますが、今回、この【潰瘍性大腸炎】が悪化したのは間違いありません。

 

潰瘍性大腸炎とは

潰瘍性大腸炎とは、ストレスがかかると下痢が止まらなく難病で、

一旦良くなったように見えても、数カ月から数年後に悪化する事もあり、完治することはありません。

 

原 因

原因は、遺伝的素因や、食生活、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)の変化などが複雑に絡み合っており、全てが明らかになっている訳ではないのです。

 

主な症状

血便、粘血便、下痢、腹痛、体重減少、貧血、発熱などの症状。

 

治療法

多くの患者は通常の社会生活が可能ですが、重症度により、ステロイド薬の内服や注腸製剤を肛門から腸の中に注入して使用する場合もあります。

これらの治療でも改善せず、激しい症状が続く場合は大腸を摘出する手術が必要になることも。

 

また、潰瘍性大腸炎を発症して10年以上経つと、大腸がんの発生する危険性が高くなります。

 

という訳で、安倍総理の体調が優れないのは【潰瘍性大腸炎】で、この病気と上手く付き合うには【ストレス】をコントロールする必要があるのですが・・・

 

それを邪魔するのが現在の支持率と好き勝手な行動をする昭恵夫人(TдT)

昭恵さんは今や、安倍家のお荷物状態です。

スポンサーリンク

安倍総理、肺癌の噂はどこから!?

さて、上記の通り安倍総理の病気は【潰瘍性大腸炎】でしょ?

悪化したとしても【大腸がん】なのでは??

なぜ【肺がん】の噂が!?

 

週刊誌が、肺がん説を流したジャーナリストに話を聞いたところ、政界とは接点のない医療関係者のルートから【首相の肺がん説】が飛び出したというので信憑性が増します。

 

大物医療関係者が、

『安倍首相は肺がんで、入院したら官邸に戻ることができるかどうかわからないくらいの症状だ』

と語ったというのです。

また、安倍首相の母、洋子さんは『すぐに総理を辞めて入院してくれ』お頼んでいるという話まで入ってきたようです。

しかし週刊誌側が裏を取ろうとしたのですが、取れず・・・

大物医療関係者にも辿り着いていないとの話・・・

ん~~~、、、、

どうなのでしょうね。

いずれにせよ、体調が悪いことは間違いがないと思われますので、安倍政権の終わりは間近かも知れませんね。

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ