【ごめん、愛している】1話あらすじネタバレ感想!イ・スヒョクがカッコイイ!坂口健太郎はピアニスト!?

      2017/07/14

ごめん、愛している、1話、あらすじ、ネタバレ、感想、イ・スヒョク、坂口健太郎

【ごめん、愛している】原作は韓国ドラマのリメイクだそうです。

最高視聴率29%を叩き出した人気ドラマなんですね~

第1話、展開も早く、イ・スヒョクがカッコ良すぎで見どころ満載でしたー!

キャスティングも抜群ですよ~☆

 

■【ごめん、愛してる】ラン役はイスヒョク!1話の筋肉&中学時代の画像あり!彼女は?

スポンサーリンク

【ごめん、愛している】人物紹介を簡単に!

キャストはさほど多くないのですが、それぞれの人物背景や生い立ちは複雑です。

 

まずは主人公

岡崎律(長瀬智也)

幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごす。血の気が多く気性は荒いが、人間的な温かみを持つ男。

 

三田凜華(吉岡里帆)

日向サトルのスタイリスト。

純粋で愛情深く、他人のために自己犠牲をいとわない。幼馴染みのサトルに思いを寄せている。

律と出会い、彼の抱える孤独に触れ惹かれるようになる。

律の母と息子

日向麗子(大竹しのぶ)

日向サトルの母。

一流ピアニストだったが、過去の苦い経験によりその道を閉ざされる。それ故、猜疑心が強く周囲を振り回す。

今は息子のサトルを愛することにすべてをかけている。

 

日向サトル(坂口健太郎)

世界にも認められるアイドルピアニスト。母の愛情を一身に受けて育つ。自身も無邪気な子供のように甘え、愛情を求める。凜華の思いには気付かず、サックス奏者の古沢塔子に恋心を抱く。

 

【ごめん、愛している】2人の出会いは詐欺師とカモ!

舞台は韓国。

幼い頃に母に捨てられ、不遇な環境を生き抜くには、裏社会しか居場所がなかった主役・律(長瀬智也)。

そして凜華(吉岡里帆)は、スタイリストとして担当している有名ピアニスト・サトルに付き添って韓国にきていた。

凛華は密かにピアニスト・サトルに恋心を抱くのですが、サトルが恋しているのは別の女性。

一瞬にして甘やかされて育ったお坊ちゃまと分かる人物設定( ´∀`)

サトルは心臓に持病を持ち、そのせいもあり、母親から異常なまでに過保護に育てられています。

 

律は詐欺グループの一員として凛華に近づき、助けたふりをして食事につれだし油断させます。

しかし一緒に食事をする内に凛華を気に入ったのか、詐欺グループを裏切って、凛華を助けるのです!

追手から逃げ、たどり着いた場所は律が幼い時から身を隠していた場所。

 

汚いマットレスが一つ置かれた掘っ立て小屋。

 

ココが2人の出会いを象徴する思い出の場所になるんだろうな~♡

 

こんな風にして、2人は運命の出会いを果たしたのでした。

 

【ごめん、愛している】イ・スヒョクがステキ♡律がマフィアに撃たれて死にかける?

何と、長瀬君ピストルで撃たれた!

しかも頭!!

第一話の30分で終了かと思ったよ(TдT)

 

律は、マフィアの息子のボディガードをしており、1番のお気に入りでした。

■【ごめん、愛してる】ラン役はイスヒョク!1話の筋肉&中学時代の画像あり!彼女は?

■イ・スヒョク

生年月日:1988年5月31日
出  身:韓国ソウル特別市
身  長:184㎝
体  重:67kg
学  歴:西京(ソギョン)大学演劇映画学科
職  業:モデル・俳優

主役ばりに目立っていましたね~☆

美しい顔立ちに引き締まった体!文句なし!!

 

さて、

律は、対立するマフィアから狙われたボスを庇い、自分の頭に弾を受けたのです!

命は取り留めたものの、弾は頭の中に埋まったまんま(゚д゚)!

 

『えーーー!?!?』と叫んだ人は多いハズww

 

医者からは『いつ命を失ってもおかしくない状態』と告げられるのです。

その日から、律は毎日動画をとり、自分が生きた証を残す事に。

 

そして、律は決心するのです。

日本に帰り、母ちゃんを探す・・・

 

律は淡い期待をしていました。

貧乏で仕方なく自分を捨てた母ちゃんは、後悔しながら生きているのだと・・・

そして、ボディガードをしていたマフィアから得た金を母ちゃんに全部渡すつもりで日本へ向かいます。

スポンサーリンク

【ごめん、愛している】脳に障害で片付けすぎ!

まずは自分が育った児童養護施設を訪れる律。

そこに居たのは、幼い時一緒に育った■若菜(池脇千鶴)

30歳を超えているのにまるで幼児のように歌を唄っている若菜。

どうやら律が引き取られた後、事故に遭い、脳に障害を負い7歳程度の知能で止まっているらしい。

しかも、子供がいる。

障害がある若菜に・・・なんか、想像させられる嫌な設定ですね・・・

律といい、若菜といい、何でもかんでも“脳に問題”で片付けるのは止めてほしい(TдT)

 

【ごめん、愛している】六角精児の目つきが悪過ぎる!

母ちゃんを探す律。

残されている手がかりは、赤ちゃんだった律に添えられた【指輪】と【律】と書かれた紙だけ・・・

 

35年前の指輪の購入先を調べる為に、宝石店をしらみ潰しに当たる律。

その後ろを尾行する、やたらと目つきの悪い、修平(六角精児)。

尾行は瞬く間にバレ、律に問い詰められると瞬速で吐いちゃうww

『知ってるんだよ!お前のおふくろの居場所を!』

 

【ごめん、愛している】大竹しのぶの親ばか&ヒステリックが異常

展開はやっ!

早くも律は母親と対面するのです。

しかし、自分が思い描いていた母親とは全く違った・・・

まず、貧乏どころか超金持ち!

子供が他にもいる!?

しかも溺愛(TдT)

後悔しながら懺悔の日々を送ってなんていなかった!

 

さて、麗子(大竹しのぶ)が愛してやまない息子がサトル(坂口健太郎)な訳です。

でもって、サトルのスタイリストが凛華ですね。

ここで繋がったーー!

 

生き別れた息子と、35年ぶりに会っても全く誰か分からない、残念な母。

それどころか、思わず母に触れようとする律の手を激しく払い除け

『やめてっ!!』

と絶叫!!

 

思わずビクッとする私www

 

『得体の知れない人間を家に入れないで!早く出ていきなさい!!』

 

呆然とする律の頬には涙が一筋(TдT)

これは・・・恨む。

芽生えてしまいましたね・・・

[新ドラマ] 待ち受ける過酷な運命… 7/16(日)『ごめん、愛してる』#2【TBS】

 

2話では六角精児さんが色々吹き込むようですよ~

次回が楽しみだ!

■【ごめん、愛してる】ラン役はイスヒョク!1話の筋肉&中学時代の画像あり!彼女は?

スポンサーリンク

 - ドラマ