【韓国】小2女児を猟奇殺害~犯人17歳少女の動機と画像~事件詳細~

   

韓国、小2、女児、猟奇、殺害、犯人、17歳、少女、動機、画像、事件、詳細

衝撃的なニュースです。

韓国での猟奇的殺人事件。

犯人が17歳と18歳の少女というから驚きます。

残念ながら日本では、少年少女が起こす猟奇事件が何度かありましたが、韓国では聞いたことがありません。

動機や韓国社会の闇について考えてみます。

 

スポンサーリンク

報道内容

【ソウル共同】韓国で、小学2年の女児を17歳の少女Aが殺害して遺体を切断し、

その一部を友人の浪人生の少女B(18)に分け与えたとみられる殺人事件が発覚しました。

猟奇的な内容に加え、捜査ミスで主犯格を取り違えていた可能性が26日までに浮上、世論が騒然としています。

 

時系列

◆2017年3月29日:昼過ぎ

ソウルに近い都市・仁川(インチョン)の延壽(ヨンス)区内の公園で遊んでいた小学2年生の児童(8)に17歳少女Aが声を掛けます。

 

『スマートホンを貸してあげる』

そう言って自宅に誘いました。

その後、凶器で殺害した疑いが持たれています。

 

◆同日:午後4時30分

児童の両親が警察に届けを出す。

警察が公園近くの防犯カメラの映像を確認し、少女Aを容疑者として特定。

 

◆同日:午後10時30分

自宅近くにいた少女Aを緊急逮捕。

◆2017年3月30日

行方不明だった小学2年生の女児が変り果てた姿となり発見されます。

発見された場所は、Aの自宅があるマンション屋上の水道タンクで見つかり、傷つけられた状態であったとの事です。

 

分かってきた手口

小学2年生児童は、連れ去られる直前、

『母親に連絡したい事があるから、誰かにスマートフォンを借りて電話を掛けたい』

と友人に話していたことが分かりました。

犯人は女児の困っている様子を知り、助けてあげるふりを装って声を掛けたと思われます。

スポンサーリンク

犯人は2人の少女

犯行に及んだのは被害女児の近くに住む2人の少女です。

18歳の浪人生Bが指示し、17歳少女が実行した可能性があり、主従関係が成り立っていたのかも知れません。

 

◆17歳少女は犯行時、状況を浪人生に伝えていた。

◆浪人生の罪を軽くする相談を2人でしていた形跡がある。

このような事から、浪人生Bも遺体遺棄の共犯として逮捕、起訴されました。

現在2人は、警察や弁護人に「覚えていない」との供述を繰り返しています。

 

動機について

18歳の浪人生は自身の事をこのように語っていたようです⏬

「自分の中には残虐な別の人格が存在する」

精神疾患があったのかもしれません。

または個人的な考えになりますが、韓国の学歴社会による受験事情はよくテレビなどでよく見ます。

今回の少女も1人は浪人生という事で、その辺りの不満を抱えていたのかなと想像しました。

 

今回の事件には関係ありませんが、勉強に押しつぶされそうな韓国少女の詩も発見⏬

小学2年生女児による詩

タイトル【塾に行きたくない日】

 

塾に行きたくない時は

こうやって

ママをぼりぼり食べる

煮て 焼いて 食べる 

目玉をえぐって食べる 

歯を全部抜く

髪の毛をかきむしる 

肉にしてすくって食べる 

涙を流すとなめる

心臓は一番最後に食べる 最も苦しく

 

小学2年生でこんな詩を書くだなんて!

 

韓国市民の声

最後にこの事件についての韓国市民の声を載せます⏬

「ものすごくショック」

「衝撃そのもの」

「世も末だ」

「本当に10代の少女がこんなことをしでかしたのか?世の中がおかしくなっている」

「容疑者が未成年だからといって大目に見たら駄目だ。成人と同じように処罰を」

「犯罪者の顔をすぐに公開すべき。女で未成年だからと例外措置は要らない」

「ニュースのタイトルを見て日本で起こった事件かと思った

日本でかつて起こっていたようなことがとうとうここでも…」

 

こんなところで日本がでるのは本当に悲しいですね・・・

全容解明とご冥福をお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ