咳止め薬【コデイン】が小児に禁止!商品名や市販薬で安心な物は?副作用まとめ~

      2017/06/25

咳止め薬、コデイン、小児、禁止、商品名、市販薬、副作用

お母さんは要注意のニュースです!

市販の風邪薬や咳止めシロップに広く使われている咳止め成分【コデイン】類を12歳未満『禁忌』との事!

【コデイン】が含まれる商品名や、安心に服用できる市販薬について調べました。

また、副作用についてついても詳しく書いていきます!

 

 

スポンサーリンク

報道内容

厚生労働省は、咳止め薬に使われる【コデイン】類を含む医薬品について、12歳未満への処方を制限する案が了承されました。

 

当面は12歳未満への使用制限を注意喚起し、2019年から『禁忌』(使用してはいけない)となります。

 

コデイン含有薬は医療用で65品目、一般用で600品目も流通しています。

 

副作用の症状

小児でまれに、急性呼吸不全など、呼吸抑制の副作用が報告されています。

 

重篤な事例

欧米では死亡例の報告。

国内でも急性呼吸不全などが4例報告されていますが、現在までに、死亡例はありません。

※アジア人は欧米人に比べ、遺伝子に呼吸抑制の発現頻度が低いとされています。

 

【コデイン】類とは?

コデイン類とは以下のように書かれています⏬

■ジヒドロコデインリン酸

■リン酸コデイン

■コデインリン酸塩水和物

■濃厚ブロチンコデイン

2019年までは成分をチェックして購入したほうが良さそうですね。

家にあるストックも確認してみましょう(^^)

スポンサーリンク

市販薬の商品名は?

規制対象の商品は600品目にも及ぶので、商品名をあげるとキリがないのですが、何と、市販薬の咳止めはほとんどがコデイン系なのです(゚д゚)!

 

一般的な市販薬を一つ、例に上げてみましょう!

 

ムヒ(アンパンマン)の市販薬は??

子供が小さい時、一度は買ったことのある市販薬といえば、ムヒ(アンパンマン)のシロップ。

 

■ムヒのこどもかぜシロップSa


【指定第2類医薬品】 ムヒのこどもかぜシロップSa 120ml

アセトアミノフェン 300mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 20mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 2.5mg
ナンテンジツ流エキス 0.8mL (南天実800mg)

という事で入っていません!

 

 

■ムヒのこどもせきどめシロップS


第(2)類医薬品】ムヒのこどもせきどめシロップS  120ml 【池田模範堂】

ジヒドロコデインリン酸塩:10mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩:25mg
グアイフェネシン:4mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩:4mg
ナンテンジツ流エキス(原生薬換算量800mg):0.8mL

入っていました(゚д゚)!

要注意ですね・・・

 

安心して服用できる咳止めは?

■宇津こどもせきどめシロップA

【第(2)類医薬品】【宇津救命丸】宇津こどもせきどめシロップA 120ml 液剤

デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 30mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 37.5mg
グアイフェネシン 100mg
d-マレイン酸クロルフェニラミン 3mg
ナンテンジツエキス 109mg (南天実600mg)
キキョウエキス 40mg

 

 

■キッズバファリンせきどめシロップS


【第(2)類医薬品】キッズバファリン せきどめシロップS いちご味 120ml

デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 20mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 25mg
グアイフェネシン 100mg
キキョウ流エキス(原生薬換算量660mg) 0.66ml
セネガ流エキス(原生薬換算量660mg) 0.66ml
ジフェンヒドラミン塩酸塩 30mg

 

■小児エフストリンシロップ 


【第(2)類医薬品】小児エフストリンシロップ 120ml

デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物 20mg
グアイフェネシン 100mg
dl-メチルエフェドリン塩酸塩 25mg
クロルフェニラミンマレイン酸塩 4mg

 

如何でしたか?

当たり前ですが、体調の悪い時に服用するものですから気を付けたいですね。

最期までご覧いただき有難うございました(^^)

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ