広島県三原市【中3・5歳投げ落とし事件】なぜ?犯人少年の動機や場所について~

   

広島県、三原市、中3、5歳、投げ落とし事件、なぜ、少年、犯人、動機、場所

ぞっとする事件です。

中学3年生の男子生徒(14)が、5歳の女児を階段から投げ落として怪我を負わせました。

女児は命に別状はないようですが、このような恐怖。心の傷は治らないでしょう。

このスポーツセンターの場所、また、少年の動機なども考えたいと思います。

 

スポンサーリンク

事件の内容

2017年6月5日 午後6時15分頃。

広島県三原市のスポーツセンターで、2階から女児(5)を投げ落としたとして、中学3年生の男子生徒(14)を殺人未遂容疑で逮捕しました。

男子生徒は自分に懐いてきた5歳の女児に腹を立て、抱き上げ、わざわざ2階まで連れていき、1階に投げ落とし殺害しようとした疑いがもたれています。

女児は顎の骨をおる重症。

 

スポーツセンターの場所は?

⇒美原リージョンプラザホームページ

広島県三原市の中心部にある複合型のスポーツセンターです。

 

女児について

女児は、お父さんのスポーツ活動に付き添って来館していました。

怪我の状態は、顎の骨を骨折し全治3週間との事です。

命に別状はないものの、落とされた直後、口から血を流していたそうで、とてつもない恐怖だったと思います。

心の傷が心配ですね・・・

 

スポンサーリンク

少年について

■中学3年生(14)

■広島県三原市に在住

特別支援学級に通っている。

■プールを利用するために母親と一緒に来館。

■女児とは面識は無かったといいます。

 

男子生徒の言葉

事件は6月5日に発生し、警察が目撃者の話や、防犯カメラの映像を元に6日未明に逮捕となりました。

 

取り調べに対しての少年の言葉

『逮捕容疑はあっている。』

『女の子がまとわりついて腹が立った。』

『痛めつけようと思った。』

『大変な事をした』

 

『大変な事をした』と反省の言葉は発していますが、他の言葉から、怒りのコントロールが苦手なのかな?と感じました。

 

事件当時の状況と動機

防犯カメラに、女児が男子生徒にまとわりついているのが目撃されており、防犯カメラにも写っています。

私の想像になりますが、

少年は、特別支援学級に通っているとの事で、コミュニケーションが上手く取れないのかも知れません。

 

女児は『遊んでくれそうなお兄ちゃん』と思って近づいたのでしょうけど、少年に障害があるとは分からなかったのでしょう。

 

軽度の障害であれば、大人でも気づかない事がありますから・・・

 

あからさまに嫌な顔をするとか、止めるように、たしなめるとか、女児の親のところに連れて行くとか・・・

女児を止める手段が上手く出来なかったのでしょうね。

 

厳しい言い方となりますが、『上手く出来ない時がある』だから、母親が付き添っていたのだと思います。

我が子が、何をされると我慢の限界がくるのか、そろそろ止めてあげないといけないな・・・とか・・・

 

本当に厳しい言い方となりますが、

【殺人未遂】です。

女児が生きていて良かった・・・

顔に傷は残っていませんか?

他にもいろいろと心配が浮かびますが、やめておきます。

未然に防ぐことは出来なかったのか。

考えさせられました。

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ