ホンマでっか!?TVで放送された【認知症予防ワクチン】って本当にあるの??

      2016/11/26

ホンマでっか!?TVで放送された【認知症予防ワクチン】って本当にあるのでしょうか?

最近では認知症は他人事ではありませんね?

厚労省が今回発表した推計によれば、団塊の世代が75歳以上となる2025年には、認知症患者数は700万人前後に達し、65歳以上の高齢者の約5人に1人が認知症になると言われています。

もし、ワクチンで防ぐことできたり、症状を抑える事ができたら、どれだけの人が助かるでしょう・・・

そんな夢のようなワクチンについて調べてみました。

スポンサーリンク

ホンマでっか!?池田先生のお話

 

池田清彦先生がおっしゃるには・・・

米国は認知症予防と治療法開発に年間1000億円!?かけているそうで・・・

そもそも、アルツハイマーは、脳内のアミロイドベーターとタウ、2種類のタンパク質の蓄積によって最終的に細胞が死に、認知症の症状がでるとの事。

その2つのタンパク質を潰していけば細胞は死なずにすみ認知症を防ぐことが出来る!

池田先生、ホンマでっか???

スポンサーリンク

5年以内には活用の見込みあり!

 

オーストラリアのフリンダース大学のニコライ・ペトロフスキー教授らが、

2016年7月13日、アルツハイマー型認知症の予防に有効なワクチンの開発に成功したと発表!!

開発されたワクチンは、認知症の症状を引きおこすとされている脳内のアミロイドベータとタウタンパク質の蓄積に対し、それを分解する働きをもつという。

いや、そういう事になるでしょうけど、簡単に説明しすぎてませんか?と言いたい 笑

しかし、キチンと説明を受けたところで全く分からないでしょう 笑

大事なのは・・・

3~5年の間に、このワクチンの人間における治験が開始される予定!!

ペトロフスキー教授は、臨床実験に成功した上での前提ながら、この先3年から5年以内には、

これらのワクチンが実際に医療現場で十分に活用される見込みがあることを「The Australian」に語っている。

また、高齢者予備軍として50歳以上の人であれば、

誰でもインフルエンザと等しく、認知症の予防接種を受けることができるそうだ。

しかも、驚くことに認知症初期段階の人であれば、このワクチン投与で症状の回復も見込めるという。

 

 

認知症がワクチンで予防できたら夢のようですよね。

ホンマでっか!?TV今回もホンマでした。

大いに期待します!!

スポンサーリンク

 

 - ニュースいろいろ