【共謀罪】とは?分かりやすく解説!なぜ反対される?問題点が山積み~

      2017/05/29

2017年5月20日

【共謀罪(テロ等準備罪)】の法案が可決してしまいました。

自民・公明・維新の賛成多数で、野党の反対を押し切り強行された形です。

そもそも【共謀罪】ってなに?

何故そんなに反対してるの?

問題点などを小学生でも分かるよう、分かりやすく解説します!

 

スポンサーリンク

共謀罪ってなに?

『犯罪を2人以上で計画していると、分かった時点で逮捕!』

犯罪は、犯したら逮捕!これは常識ですよね。

でも未遂】でも逮捕です!

犯罪が成功せず、未遂で終わったとしても、犯罪を計画、準備した時点で逮捕出来るようになるんです。

 

組織犯罪の段階

1:計画・・・集団が具体的に犯罪を行うことを話し合う。

⏬⏬⏬

2:準備・・・犯罪現場の下見をしたり、資金の手配など。

⏬⏬⏬

3:予備・・・犯罪に使う武器などを手に入れるなど、実行一歩手前の行為。

⏬⏬⏬

4:実行・・・実際に犯罪を行う。

 

今までは、3番【予備】以降で逮捕だったのですが、今後は2番【準備】の段階で逮捕することが可能となります。

 

一応、組織的犯罪集団が対象であり、一般人は対象外とはなっていますが『2人以上の計画でアウト』なので、組織って何人からよ?と疑問。

これで犯罪が未然に防げるんだから良いじゃな~い??っとも感じますがどうでしょう・・・?

 

共謀罪の目的と問題点

まずは、何故共謀罪を作ったのか、目的から知りたいですね★

【共謀罪】の目的は2つ

1:『国際組織犯罪防止条約』に加入し、国際的な犯罪防止を強化する為

2:組織的で重大な事件を未然に防ぐ為

 

ここでは『小学生でも分かるように』をモットーにしているので、簡単に書いてみます⏬

1:『国際組織犯罪防止条約』ってなに?

『国際組織犯罪防止条約』は世界187の国、地域が入っていて、日本も早く入りたいのです!

なぜなら、加入することで国際的な協力を得られ、より犯罪も防げるようになるから。

世界的にテロも増えているし、もうすぐ日本ではオリンピックもあって、世界から沢山の人が来るし、国としては入っていたいのでしょうね。

しかも、G8の中で入ってないのは日本だけ!

G8とは、世界の重要なことを話し合う為の8カ国のグループ

(日本、アメリカ、フランス、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ、ロシア)

この『国際組織犯罪防止条約』に加入するには『共謀罪』の成立が条件なんですって!

 

2:組織的で重大な事件を未然に防ぐって例えば?

例えばテロとか、暴力団とか犯罪をおかす様々な組織の犯罪を未然に防ぐ為って事ですね。

 

問題点!一般人と犯罪集団の見分け方!

金田法務大臣は何度も繰り返し言います。

『一般人は100%捜査対象にならない!』

あくまでも、【共謀罪適用対象は組織的犯罪集団】だと主張!

 

一般人と組織的犯罪集団の見分け方は?

金田法務大臣が面白い説明をしました 笑

『花見であれば、ビールや弁当を持っているのが一般人!地図や双眼鏡、メモ帳を持っているのが組織的犯罪集団』

 

もちろん、野党はツッコミます。

『バードウォッチングとかもある!区別にならない!!』

ごもっともm(_ _)m

 

スポンサーリンク

【共謀罪】例えばこれは?

◆お父さんが、酔っ払って居酒屋で・・・

上司の悪口が発展して、『明日殴ってやる!?』『よっしゃ!俺も一緒にやる!』

これって殺人の【共謀罪】でアウト?

答え・・・冗談が犯罪になることはないので大丈夫。

 

◆近くにマンションが建設されるけど嫌だ・・・

住民が集まって、工事をやめさせるように話し合いましょう!

これって【組織的な共謀】でアウト??

答え・・・労働組合や住民運動を規制することはありません。

 

◆その他にも・・・

ATMで生活費を下ろす行為が【犯罪の為の資金調達】と見られたり、ただの散歩が【逃走経路の下見】と見られたり、警察の言われるがまま、一般人が犯罪者にされてしまいそうですね。

 

反対・賛成意見まとめ

賛成意見

◆G8でまだ議論の段階にあるのは日本だけだ。

◆1907年にできた古い刑法で今だに組織犯罪に対応するのは難しいから。

◆一般人は対象外なので、自分たちが捕まることはない!

 

反対意見

◆どこからがアウトでどこまでがセーフなのか、線引が難しい。

◆【共謀罪】を監視するための警察による盗聴やGPSなどが増えるのでは?

◆戦前のような監視社会に戻りそうで怖い。

◆一般人は対象外と言っているが、一般人かどうかは政府が決める。結局誰でも捕まる可能性があるのでは?

◆プライバシーが心配。

 

現在のところ、6割以上の人が賛成と解答していますが、反対の方の言い分を聞いていると、やはり、線引があやふやなので不安を感じているのではないでしょうか。

私自身も、この場合はどうなるんだろう?とか、一般人と組織の定義って何だろう?と腑に落ちない部分があります。

もう少し、条件をわかりやすくして欲しいと思いました☆

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ