【高須クリニック院長】激怒!蓮舫&大西を何故?民進党議員の発言内容~『陳腐なCM』は妻の遺品!

      2017/07/26

高須院長が怒っていますヽ(`Д´)ノ

それもそのはず。

聞き慣れたあのCMの事を『陳腐』と言われたのですから!

民進党・大西議員と高須院長、どちらの言い分が正しいのか調べてみました★

 

 

スポンサーリンク

大西議員の発言内容

医療分野においては原則広告が禁止になっていて、限定的な事項しか広告することが認められていない。

だから非常にCMも陳腐なものが多い

みなさんもよくご存知のように

例えば、イエス○○!と

クリニック名を連呼するだけのCMとか

若い女性が0120で始まる電話番号・クリニックの名前を言いながらゴロゴロ転がってるCMを見たことがあると思います。

(中略)

こうしたクリニックの名前・電話番号を連呼する広告というのは患者が医療機関や治療方法を選択する上で有用なものではないと思う。

こういう広告は非常に陳腐だと思いますが・・・

 

大西議員、これはアウトですよ(TдT)

結局、何が言いたかったのかすら分からない。

 

大西議員が本当に言いたかった事とは?

大西議員が言いたかった事は、こういう事なんです⏬

(文が途中でキレている方はフェイスブックのマークをタップして下さい)

 

別に悪い事言ってるとは思いませんよ。

でも何故、ここで高須クリニックを出したんでしょう?

大西議員が言いたかった事は・・・

 

◆『悪徳と言われる誇大広告をしているフリーペーパーやホームページを規正しなければならないのではないか。』

◆『エステと美容クリニックがグルになって稼いでいる事例があるので、取り締まるべきだ。』

 

って事だと思います。

しかし、結局名指しで攻撃したのは、規正に従ってCM広告し、エステと結託している訳でもない高須クリニックの事。

大西さん、意味が分かりません・・・

 

スポンサーリンク

高須克弥院長インタビュー

まず、目が笑ってないから怖い(TдT)

陳腐な『イエス◯◯クリニック』のようなCMを流してというと、(悪徳美容外科とは)全く無関係なのに僕は、悪者の仲間みたいになっちゃうから。

それは怒りますよ。

記者『蓮舫さんの事も訴えると仰ってますが?』

 

だって、ナースが不手際やったら、院長が出てきて謝罪するのが筋ですし。

 

記者『その早さというか、行動力は?』

 

医者は大体そういうものですよ。“心筋梗塞ですね、明後日おいでください”はないもん。

 

正に、ミヤネ屋がインタビューでスピードについての質問をしていたその時!

取材中にも関わらず、異例の早さで弁護士から訴状が届けられました。

大西議員と蓮舫代表を提訴。

名誉毀損で損害賠償1000万円と謝罪文を要求。

高須院長が怒った理由

あのCMのコンプトは高須克弥院長の亡き妻が考えたもの

高須院長の妻は『高須シヅ』さんといい、産婦人科勤務を経て、高須クリニックを一緒に創設した妻であり同志な訳です。

 

【高須クリニック】を日本有数の美容企業に成長させ、自分の3人の息子を含む、多くの美容医師を指導し、美容業界に大いに貢献した人物です。

 

しかし2010年3月29日、転移性肺がんにより65歳で亡くなりました。

 

という訳で、高須院長はより怒っています。

女房の遺品ですのでケチつけられると頭に来る!』と怒り心頭。

『陳腐だそうですよ。大西議員によればね。』

『陳腐って言われると、どう好意的に解釈しようとしても“バーカ”ってやられている気がしますね。』

 

民進党・大西議員のコメント

質問では『高須』の名前を出しておらず(提訴は)誤解に基づいている。

としていますが、無理がありますねぇ・・・

一般的に

『イエス◯◯クリニック』と言われれば、高須と言いますよね。

 

大西さん、早く謝った方がいいヽ(`Д´)ノ

高須先生、めちゃくちゃ怒ってますよ・・・

もぉ、目が・・・・怖い(TдT)

『最高裁までやります。徹底的にやります』

『僕の方に正義がありますから、絶対に勝ちます!』

 

高須院長はブログで提訴を発表!

斬新ですwww

興味のある方はブログもどうぞ(^^)

⇒高須院長オフィシャルブログ

 

売られたら買います。僕はアホでバカです。喧嘩強いです。

呟いた後、即座に顧問弁護士を呼び出しこうです⏬

ホテルニューオータニに顧問弁護士の伊藤先生に来てもらって作戦会議終了。

明日の朝、民進党大西健介議員と蓮舫代表を提訴するぞなう。

 

さて、蓮舫さん。

保護者の如く一緒に謝って、『ちょっとだけ、まけて!一生のお願い!!』と言うしかないですね(TдT)

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ