爆報フライデー【北斗晶vs小倉由美】首骨折の相手と事件の真相!女子プロレスラー会の嫉妬!制裁試合だった!

   

現在、乳癌から復活を遂げて元気な姿をみせている北斗晶さんですが、過去に首を骨折する大事故を経験しています。

しかもそれは、技のかけ違えではなく、嫉妬から発生した制裁試合だったのです!

その後、首の骨が折れたまま残りの試合3本をこなした北斗晶の根性にあっぱれです(TдT)

詳しく書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

北斗晶(ほくとあきら)

生年月日:1967年7月13日

出 身 地 :埼玉県北葛飾郡

身長体重:168cm・70kg

所  属:健介オフィス

 

経 歴

北斗晶は、神田女学園高等学校を中退して女子プロレスラー界に進みます。

入門当時のリングネームは宇野久子。

1985年:デビューから連戦連勝の記録を保持し、前座も知らない新人として一躍スターとなります☆

その年、新人王決定トーナメントは準優勝!

年末の女子プロレス大賞では(最優秀)新人賞に輝きます!

 

女子プロレス界の闇!嫉妬の嵐!

北斗晶の華々しいデビューと人気に、一部の先輩レスラーは嫉妬に狂います。

そんな中、同期の堀田祐美子とタッグを結成!

パワーの堀田とスピードの宇野(北斗晶)として、このコンビは一気に駆け上り、WWWA世界タッグ王座決定戦を闘うまでに登り詰め、勝利!

 

2人はとうとう世界一を手に入れたのです☆

集団脱走のバツとして試合

しかし、目立てば目立つほど、周りからの陰湿ないじめや無視はひどくなり・・・

耐えられなくなった北斗晶たちは集団脱走をしてしまいます。

この脱走のペナルティとして行われたのが【あの試合】なのです・・・

スポンサーリンク

首骨折【あの試合】の全容

いわば制裁試合を組まれた2人はどんな気持ちで試合に挑んだのでしょうね(TдT)

目立ちすぎた後輩ペア
堀田祐美子×宇野久子(北斗晶)

VS

嫉妬に狂った先輩ペア
小倉由美×永堀一恵

これは試合と言う名の【リンチ目的の制裁試合】だったと言われているのです。

小倉はセカンドロープから、危険とされている

【雪崩式ツームストン・パイルドライバー】をかけ、これにより北斗晶は首を骨折してしまうのです。

画像引用:http://www.ko-kojima.jp/

かなりの痛みだったはずですが、首が折れたとは思っていない北斗晶は、その後3本目の試合もこなします。

北斗晶のパートナー堀田は『このままでは潰される!』と思ったそうです。

それ程までに容赦ない攻撃だったのでしょう。

堀田は先輩達の顔面を思いっきり蹴り、これにより小倉の歯は折れてしまいました!

これはもう、ただの喧嘩ですね・・・(TдT)

北斗晶の長い戦いが始まる

壮絶な試合の帰り、

バスの中で北斗晶は意識を失います。

大阪にある【富永脳神経外科】に直行し一命はとりとめます。

 

この【富永脳神経外科】はボクサーの赤井英和の命を救った病院でもある有名な脳外科です。

赤井英和と嫁佳子~双子の死を乗越え息子英五郎をオリンピックへ~

 

骨折した場所は頚椎の周りの部分で、回復までに数ヶ月間ベッドに寝たきりとなりました。

首を動かせない状態が続きます・・・

無情にも医者からは【引退】を勧められ、「復帰したら30歳過ぎには後遺症で体が動かなくなる可能性もある」と忠告を受けました。

 

髪の毛を剃り、固定器具を頭に付けられた北斗晶は絶望の余り、何度も窓から飛び降りようと自殺を考えたそうですよ(TдT)

 

心の支えはブル中野

そんな時に、時間を見つけては見舞いに来てくれたのは同じ女子プロレスラー・ブル中野さん。

皆の支えもあり、数ヶ月後、見事に復活を遂げるのですが、

復帰試合はシングルで、何と【ブル中野】(゚д゚)!

ブル中野は『本気でプロレスを続ける気があるのか!?』と問うために、この試合でかけた技はあの時と同じ技!

会場からは『やめろー!』と叫び声や悲鳴が響いたと言います。

女の友情、見させて頂きました(TдT)

 

小倉由美とは和解

さて、怪我を負わせてしまった方の小倉由美はどう思っているのでしょうか?

 

『宇野(北斗晶)にもしもの事があったら、私も生きていられない』

と病院へ運ばれる北斗晶に涙ながらに謝罪していたそうです。

嫉妬心は確かにあったのでしょうけど、まさかこんな事になるなんて・・・

というところでしょうか。

相当落ち込んでいたようです。

 

その後、北斗晶は小倉由美の引退セレモニーに駆けつけ、涙を流しながら花束を贈呈している事から、2人の関係は修復済みです(^^)

 

北斗晶さんの人生は波乱万丈ですね!

今回のテレビ報道でまた、沢山の方に勇気と元気を与えると思いました。

これからも応援します!

 

スポンサーリンク

 - 芸能