【爆報】戸塚ヨットスクールとは?事件内容と被害者について~判決内容詳細~

      2017/05/12

【戸塚ヨットスクール】・・・それは私がまだ幼かった時、『悪いことをしたら戸塚ヨットスクールに入れるで!』なんて脅し文句が流行る程、恐ろしい場所の象徴だったのです。

何故そんなに恐ろしかったのか?

その学校を支配する校長先生の顔がとても怖い印象として今も残っています。

爆報フライデーに出演されると聞いて、現在、反抗期の息子を持つ母としては大変興味を持ちました。

ここへ預ける親の気持ち、この校長が様々な事件を起こしてまで何を伝えたくて続けているのか・・・調べます。

 

スポンサーリンク

戸塚ヨットスクール

1976年。

【戸塚ヨットスクール】は戸塚宏さんが設立し、当初は航海技術を教える学校だったのです。

しかし戸塚校長の指導が、素行の悪い子供や不登校などの生活指導に効果があると、マスコミなどにも取り上げられ、話題となります。

当初は教育界のカリスマとして好意的にい取り上げられました。

それにより親元から離れ、子供をスクールに預ける親が増えたのです・・・

 

教育は体罰を超えた暴行だった

親が手に負えない子供を、最後の砦として頼る場所だったのですが、内容は行き過ぎたスパルタ指導でした・・・

体罰といえば指導の一貫のように思う方もいるかも知れませんが、体罰ではありません。

子供たちは暴行を受けていたのです・・・

スポンサーリンク

戸塚ヨットスクール事件まとめ

事件の数々。

1977年12月:登校拒否の子供達の合宿訓練が開始。

 

1979年2月:13歳の少年祐次くんが死亡・・・不起訴

 

1980年11月:当時21歳の男性(大学受験生)吉川さん。

殴り無理やりヨットスクールに連行し、10月31日から3日間に渡り激しい暴行を加え、4日未明、外傷性ショックで死亡させる。・・・傷害致死罪

 

1982年8月:愛知県の15歳の少年と大阪府の15歳の少年。

それぞれ自宅から合宿所へ連行。8月14日、約一ヶ月に渡る暴行監禁から逃れようと神戸行きフェリー【あかつき】から高知沖の会場に飛び込み行方不明となる。・・・監禁致死罪

 

1982年12月:神奈川県の中学1年生の少年小川くん。

12月5日から約1週間に渡り、竹刀などで殴り、海に突き落とすなどの暴行を加え12日深夜、外傷性ショックで死亡。・・・傷害致死罪

※この時に見つかった遺体からは無数の打撲、内出血、歯2本の損壊が確認されています。

 

ようやく捜査が始まる・・・

1983年5月:暴走族リンチ事件。

スクールの前の道路を走っていた暴走族に対して、スクールコーチが暴行し逮捕されたのをきっかけに、ようやく【愛知県警戸塚ヨットスクール】に捜査の手が及びます。

まさに6人の少年の命が無くなってからの捜査なのです。

体罰という、教師に取って都合の良い言葉のせいで、犠牲者がこんなにも増えたのです・・・

 

1983年6月:小川くん事件で、戸塚ヨットスクールで行われていることは組織ぐるみの暴行として校長も逮捕、起訴。その他の事件でも起訴されます。

 

1983年9月:戸塚ヨットスクール閉鎖

 

1992年3月:戸塚宏校長に懲役3年執行猶予3年(検察側の求刑は懲役10年)。コーチらには懲役1年6ヶ月執行猶予2年3ヶ月の判決を言い渡したが・・・

 

戸塚らは控訴。

 

1997年年3月:名古屋高等裁判所は『訓練は人権を無視し、教育でも治療でもない』とし、戸塚宏に懲役6年。コーチ3人にも実刑判決を下します。

 

戸塚らは即日上告。

 

2002年2月:最高裁は二審を支持し上告を棄却!

戸塚に懲役6年、起訴されたコーチ15人、全員の有罪が確定しました。

 

当時13歳だった少年の母親の言葉⏬

「出所後も焼香や謝罪は無かった。再犯が懸念される」

また、フェリーから海に飛び込み行方不明となっている少年の父の言葉です⏬

「息子が本当に船から海に飛び込んだのかどうか未だにわかっていない。本当は突き落とされたのではないか」

 

2006年4月29日:満期で戸塚宏が出所。今後もヨットスクールを続ける意向を語る。

 

信念を持って指導に当たっている事は感じます。

しかし、自分自身の行き過ぎた行動には蓋をして、間違えてよい年頃の少年の行動は厳しく取り締まるのはやっぱり間違えている。

そう思いました。

心の苦しくなる事件です・・・

亡くなった子供たちのご冥福を心からお祈り致します。

【爆報】戸塚ヨットスクールの現在と場所は?自殺者までいるのに支援者は誰?三歳児にまで体罰!

 

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ