元女子バレーボール【益子直美】が病気で心臓手術!年下夫・山本雅道と不妊治療乗りこえ次は病か!?

      2017/04/17

【結婚したら人生激変!】みのもんたが司会を務めるこの番組、結構好きです。

今回は女子バレーボール界の元アイドル、益子直美さんです(^^)

番組では結婚10年目にして、どうやら益子直美さんの病気が発覚するようです。

夫への想いをしたためたノートとは?

以前、他の番組では将来的な痴呆の可能性を伝えられていましたがどうなのでしょう。

調べてみました!

 

スポンサーリンク

益子直美(ますこなおみ)

生年月日:1966年5月20日

出 身 地 :東京都葛飾区

身  長:175cm

体  重:58kg

血 液 型 :A型

職  業:タレント、スポーツキャスター

 

経 歴

1984年:高校3年生で全日本代表メンバー入り!

・・・『下町のマコちゃん』なんて可愛いニックネームで呼ばれ、大林素子さんと共に女子バレーボール界のアイドルとして活躍。

1985年:イトーヨーカドー女子バレーボール部入団。

1990年:第23回日本リーグで優勝に貢献!

1991年:主将を務める!

華々しい経験を積んでいますが、益子直美さんは結局オリンピックは経験できず終いなのです・・・

1992年:現役を引退しタレントになる。

2006年:益子(40)の時、12歳年下の自転車ロードレーサー山本雅道さん(28)と結婚♡

2015年:淑徳大学でバレーボール部監督に就任。23年ぶりの現役復帰!!

 

夫・山本雅道は出来た男!

2013年、二人の夢であった自転車店をOPENされています。

【BICYCLE FACTORY YAMAMOTO】

 

ご主人、山本雅道さんが12歳年下ではありますが、人として本当に出来た方でして・・・

ご夫婦は子供が授からず、一生懸命、不妊治療に専念されました。

 

夫・山本雅道さんが、、、というより益子直美さんが41歳という年齢的な理由で、とにかく焦っているように感じました。

しかし、治療費は一回に50~60万と大変高額で、何より夫婦の心身の負担は想像を絶するもののようです。

 

そして、不妊治療を止める決心をした時、益子直美さんの口から出る言葉は後ろ向きなものばかり。

『私ではなく、他の若い女性と再婚すれば子供をもてるのに・・・』

『子孫を残してあげられなかった・・・』

『子供、欲しかったでしょう・・・?』

 

これ、言われた山本雅道さんも辛かったでしょうね(TдT)

 

傷つく益子へ、山本雅道さんの言葉が素敵!

全てを自分のせいにし、自身を否定し続けている益子直美へかける言葉が愛に満ち溢れていました・・・

 

『子供を持つことだけが人生じゃない。

直美には人生を楽しむことを教わった』

 

あぁ、思い出してはまた泣ける(TдT)

なんて素敵な言い方をしてくれる人だろう。

短い言葉に全ての答えが詰まっていて、そんな事言われたら何も言い返せない。

スポンサーリンク

益子直美の病気の数々

さて、益子さんは、大病とまではいきませんが、色々と抱えています。

 

子宮の問題

まず、不妊治療を始めるにあたって、さまざまな検査をしたところ、子宮のポリープ、膿腫、筋腫、内膜症が見つかったそうです。

これらを治療するのに3ヶ月かかったため、すぐに不妊治療に挑めなかったそうですね。

しかし、なかなか完治はしない病気だと思うので、上手に付き合っているのではないでしょうか?

 

脳梗塞

左首の頸動脈に外傷で出来た凹みがあり、血栓ができたら、そこで詰まってしまうそうです。

 

痴呆症の問題

いやいや、歳っていってもまだ50ですよ?

痴呆症って・・・と思いきや、自身のブログにかかれていました。

痴呆症は現在進行形ではなく、過去のものだそうで、原因は脱水症状との事(゚д゚)!

医者から、『若い頃水飲んでなかったでしょう!?』と聞かれたそうですよ~

そんな事分かるんですね(゚д゚)!

益子直美さんの時代は、運動中に水を飲む=甘えている。

その結果、脱水で脳細胞が壊れてしまうのですって(゚д゚)!

脳細胞が壊れた形跡があるという事ですよね(TдT)

こわい・・・

 

心臓手術を受けていた!

番宣では、『医師から突然の宣告!』と書かれ、益子直美さんに何やら説明をする医師の姿。

そのデスクには、上半身が映されたレントゲン。

そして、医師の手には、心臓の模型・・・

気になっていたところ、4月16日、発表がありあました。

50歳を迎え、少しの運動で息が上がるようになった益子さん、これには原因があったようです。

 

医師から告げられた病名は【心房細動】という病名。

心房細動とは・・・

不整脈の一種で、心房が痙攣するような症状に見舞われ、心不全を引き起こす可能性や、放置すると、脳梗塞、心筋梗塞を引き起こすリスクもある。

上記の通り、元々、益子直美さんは脳梗塞のリスクがありました。

そして、夫・山本さんと相談し、手術を受けることを決断。

心臓カテーテル手術を受けました・・・

2時間半に及ぶ手術は無事成功!

夫・山本雅道さんは、当日、益子さんから手渡されたノートに目を通して手術を待ちます。

そこには夫への想いがしたためられていたそうです・・・

また、辛い経験でしたね・・・

しかし、何もない人生なんてありません。

このご夫婦ならきっと乗り越えて、今まで通り、自分らしい人生を歩まれると思っています(^^)

応援しています!

旬のネタもどうぞ⏬

【木嶋佳苗】男性遍歴!獄中結婚~再婚~養父!【拘置所日記】ブログで語る~生い立ちと家族構成

スポンサーリンク

 - 芸能