【木嶋佳苗】獄中結婚~再婚~養父!【拘置所日記】ブログで語るセレブ生活~生い立ちと家族構成

      2017/04/18

男性を手玉に取り、好き放題振り回し、最後はポイ!ではなく、最期はあの世へ・・・

男性3人を殺害した罪に問われていた木嶋佳苗ですが、ようやく判決が出ました。

一番重い刑【死刑】です・・・

彼女の逮捕前の人生は女の武器を全面につかい、世の中を泳いでいましたが、逮捕後、獄中の木嶋佳苗の人生も衰えること無なく女として生きる姿に、興味をもちました。

まとめます!

 

スポンサーリンク

木嶋佳苗(きじまかなえ)

この木嶋佳苗さん、少々ぽっちゃりして大して美人でもありません。

まぁ、頑張って見れば可愛いかな・・・(゚д゚)?

しかしモテるのです。

次から次へと男性を虜にする技をお持ちの方なのです。

 

事件の内容を超簡単に・・・

2009年、【首都圏連続不審死事件】で男性3人に対する殺人事件などの罪に問われた木嶋佳苗(42)

木嶋佳苗は男性を練炭を用いて自殺に見せかけ殺害した罪に問われています。

3件の殺人事件で木嶋被告の関与を示す直接証拠はなかったが、裁判員裁判の1審・さいたま地裁は12年4月、死亡現場から発見されたものと同種の練炭を木嶋被告が入手していたなどとして、状況証拠を積み重ねて有罪と認め、2審・東京高裁も支持していた。

 

裁判結果

裁判長は

『殺害は計画的で極めて悪質。被告は不合理な弁解で反省の態度を全く示しておらず、死刑はやむを得ない』と述べました。

裁判員裁判で審理された事件の死刑が確定するのは15人目で、女性の被告は初めてです。

 

木嶋佳苗の生い立ち

出 生 地 :北海道中標津町に生まれ、小学校から高校までは隣町の別海町に過ごします。

 

家族構成

父方祖父:司法書士と町議会の議長を勤める名士。

・・・1999年秋の叙勲も受けています。

父  親:行政書士

母  親:ピアノ講師

高校時代:ボランティア局の局長で、障害者の家に行くなどの活動もしていた。

学  歴:東洋大学2部に入学しますが、学費未納で除籍。

きょうだい:弟、妹が二人

木嶋佳苗は長女だったわけですね。

素晴らしい家系で、何も不自由な事はないと思えますが何が不満なのか、木嶋佳苗は犯罪を犯していきます・・・

 

母との関係

木嶋佳苗は父親の事は大好きだったのですが、性格が正反対で社交的な母親とは合わなかったといいます。

本人の口から『音楽しか知らない母のようにはなりたくない』とハッキリ言っています。

高校生の時のエピソードですが、母親が足を切断する大怪我を負ったにも関わらず、長女・木嶋佳苗は一度も見舞いに行かなかったようです。

この一件からも分かるように木嶋佳苗と母との関係はとても悪かったと思われます。

 

上京してから大きく変化する

高校を卒業し上京するのですが、複数の男性と愛人契約を結び、生活が一変していきます。

これは、木嶋佳苗が裁判中、自身で語った言葉です⏬

『収入は月平均150万円くらい。

貯金は一度もした事がなく、若い頃から贅沢していたから生活の質を落とすことが出来ませんでした。』

スポンサーリンク

獄中結婚

2009年、逮捕されてからも、木嶋佳苗のファンがいてるので驚きです。

現在も支援する人がおり、その人を通じてブログの更新がされています。

手紙を支援者に郵送し、自筆の手紙がインターネット上に公開されているのですが、驚くほど達筆ですよ

こんなに綺麗な字を書く人が、人を騙して殺害しますか・・・

 

そして私は、死刑囚のブログという物にとても興味を持ちました。

⇒木嶋佳苗の拘置所ブログ

 

拘置所内でのセレブ生活

木嶋佳苗さんは、支援者(ファン)のお陰で、獄中であるにも関わらず贅沢な暮らしをしています。

『ジルサンダーのニットを着て、ふっかふかの今治タオルで顔を洗い手を拭いて、コンビーフのサンドウィッチを作り、熱々のコーヒーを見ながら本を読む。これは幸せですよ。女に生まれて良かったと思いますよ。』

驚きですよね・・・

『これをブログに載せたい』と思う理由は、私は今も惨めではない!とか私は人とは違う!といった自己顕示欲だと感じました。

そして、被害者や罪に関する記述は一度もないのです・・・

 

さて、いったどんな方が木嶋佳苗の支援を行っているのでしょう?

1度目の結婚:2015年、60代の不動産会社勤務の会社員と1度目の獄中結婚をしています。

・・・この男性は飲酒運転で交通事故を起こし、入院した事によって支援が不可能になり、昨年9月に離婚。

・・・離婚をすると再婚するまで100日要するのですが、100日過ぎた直後に今の男性と結婚しています⏬

 

2度目の結婚:逮捕前から知り合いの男性

『王子との拘置所デートは目から入る快感そのものです♡ピアニッシモな声量で囁く王子・・・』

『今の夫は私の体型をことの他愛しているため有りのまま生きる幸福を噛み締めています。』

と、、、この人、全く反省してませんね。

 

元夫との関係:回復したので支援が出来ると木嶋佳苗と話し合った結果、再婚の翌日に養子縁組をして、元夫が養父になっています(゚д゚)!

 

そんな木嶋佳苗被告は、本日2017年4月15日、最高裁判所で一番重い判決を言い渡されました。

自分の幸せを追うあまりに、人生において大切な物を落として歩んできたのでしょう。

貪欲で、いくら与えても満タンを知らない人ですね・・・

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ