【反抗期】中学男子にイライラMAX!成功例!子供SOS【相談窓口】の勧め!子供は話を聞いて欲しい~

   

我が家の中学2年の息子。

反抗期真っ只中です。。。

お勉強も忙しくなり、ホルモンの関係もあり、心と体のバランスが取れない時期です。

分かっていますよ。

私にもありましたから。

だからって何しても良いのでしょうか??

そんな我家の息子の対処法で成功した例を一つ挙げさせて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク

その日の出来事

何があったかをまず書かなければいけませんね(^^)

今から1年ほど前の出来事だったと思います。

ささいな事で口論となり、激しい言い合いになりました。

 

息子はいつもの通りの反抗だったかも知れません。

どちらかと言うと、日頃のイライラが溜まっていた私の方の我慢が足らなかったように、今では思います。

いつもなら引くところが引けなかった・・・

 

息子の言ってる事は支離滅裂、頭はパニックになってると、私にはよーーーく分かる。

でも引けなかった・・・(TдT)

そんな時もあるよ。人間だもの 笑

 

私は、『今日は折れない』って決めてたのかも知れない・・・

2時間は本気で言い合いました(^^)

 

これも今思えば良かったと思います。

内容が喧嘩であろうと、相手の本心を知るには会話が必要。

母と息子は、小さい時あんなに沢山話してたんですから、、、

今も会話しないと(^^)

 

でも、解決の糸口がつかめず、咄嗟に私の口から出た言葉は

こどもSOS相談窓口に電話して、自分の何がおかしいのか、他人に聞いてみなさい!それも出来ないなら出て行け!!』

もちろん嫌がりましたが、ここは私も落ち着いて説得にかかり、どうにか電話させるにこぎ着けたのです!

スポンサーリンク

子供SOS相談窓口

電話は非通知設定にし、掛けるとおばさんが出たそうです。

住んでいる地域と、学年は聞かれましたが、本人と分かるような詳細は何も聞かれません。

 

30分後、息子はボロボロに泣きながら部屋から出てきました。

 

何!?

何言われたの??

どしたの???

ってくらいグズグズに泣いて出てきました 笑

 

電話口のおばさんから『何かあったの?』って聞かれたから全部話したそうです。

 

すると、話を一通り聞いてくれて、息子に共感すると共に、

『そこで君は何て答えたの?』と上手に状況を細かく聴き取られたそう。

そして、『◯◯◯が嫌だったんだね』と『その言葉はお母さん悲しかったと思うよ』『君も苦しかったね』『でもお母さんはこんな気持だったんじゃないかな』と息子の気持ちと私の気持ちを代弁してくれたのです。

 

中学生の男子なんて、自分の感情を言葉にすることが苦手なので、自分がどんな事に腹がたち、私のどの言葉に傷ついたかがモヤモヤの塊となって胸につかえる。

それを文章にしてくれた事で整理がつき、スッキリ、とても嬉しかった様子でした。

そして母である私の気持ちが特別ではなく、一般的な親の愛?心配?と知り、自分のわがままさ加減を感じて電話を切ったのです。

 

心に溜まっていたモノが涙になったのでしょうね。

本当は私が代弁したり、本人が直接伝える事ができれば良いのでしょうけどね・・・

でも、そんな事が出来る中学生を私は知りません 笑

 

だから、この電話相談が必要なんですね。

赤の他人が必要な時がある!

赤の他人の方が良い時がある!!

 

その後も反抗期は続いてますが、去年よりグンと減りました。

そして会話は増えました(^^)

彼が何を考えているのかが分かりますし、私がどう思っているのかも伝えるようにしてます。押し付けがましくないように頑張りながら(^^)

一度こういう機関も頼ってみるのもいいと思ったので書かせて頂きました。

 

反抗期は人それぞれ、答えなんてどこにも無いと思います。

 

時には正面からぶつかり、時にはやり過ごし、時には赤の他人の力も借りながら、『もう限界!』っていう時を減らして、嵐が過ぎるのを待ちましょう(^^)

 

終わりは必ず来ますし、お互い、頑張りましょうね(^^)

 

子供(こども)のSOSの相談窓口

0120-007-110(全国共通)

受付時間 平日午前8時30分~午後5時15分

 

⇒その他反抗期の記録はこちら(^^)

スポンサーリンク

 - 反抗期の記録