車の例えは響いたのか?

      2016/10/04

前作 【反抗期の兄へ、弟からの三行半】からお読み下さい

長男は朝から忙しく部屋の片づけなどをしている。

ご機嫌取りやね。そんな事できるんや・・・
落ちてるゴミに気づかない人に、気づけというのは難しいが、気づいているのに見て見ぬふりをする人にはまだ可能性がある・・・カナ?
良い所を見せて、家族の役に立っているところをアピールしてるんやんね?

スポンサーリンク


さて、昨日からの続きの家族会議。

「こんなに嫌な思いをさせてしまっていて悪かったと思ってる。これから変わるから、もう一度チャンスが欲しい」

何度も聞いた事のあるセリフなのですが、家族は何度もやり直すものですからねぇ・・・

もちろん今回もやり直しましょう。
でも、少しは前へ進んだと思える、そんな話し合いにしないと。
そこで、私は例え話をしてみました。
長男は別に車が好きな訳でもないのに何故このような例え話を(笑)

パパはハンドルを握りたい人なんだよね・・・
長男(?)
君もきっとハンドルを握りたい人なんだよね。
長男(?)

この家の中にハンドルを握りたい人が2人いてるんだよね。
高級車であろうと軽自動車であろうと、交通ルールは同じだよね。

お互い少しの遠慮がないと事故が起こるのは分かる?

 

この家で一番大きな車に乗ってるパパも、きちんと遠慮しながらハンドルを握ってるよ。
君は交通ルールも守らずハンドルを握ってるから怒られる事が多いんだと思う。
「・・・・・・・・・・・」

長男、ようやく理解しだす。

スポンサーリンク

そして、君の横に乗ってた弟が、そろそろ自立してまだまだ小さい車だけど、自分の車のハンドルを取ろうとしてるんだよ。
私はそれで良いと思うの。男の子やからね。
いつか自分の家族を乗せる為にハンドルを握れるようになって欲しい。

 

この小さな家に、いつか3人のハンドルを取る人が住む事になるけど、
みんな少しの遠慮をしながら運転しないとぶつかってばっかりやで?
弟との関わり方を変える時期が来てるんじゃないかな?

 
長男、確かに理解している様子。手応えのある顔をしている!母には分かるぞ!!即席の例え話、我ながらうまいぞ!

この表情を見ると、もう返事は要らないね。

話をしながら、私自身は何なのだろうか。

凄くギモン。私はどんな立場でこの家に居るんだろうか?
もしかして信号や道路標識の役割なのか。
それとも、色んな車を相乗りしてる感じかな~
突然乗って来て、助手席でナビゲーションをして「じゃぁ次があるから行くわ!」って感じかも知れない。

結構面倒臭い人ですな(笑)

さて

好きでもない車の例え話でありましたが、分かりやすかった様子でかなり納得していた。
とりあえず、また初めからやり直し。
すぐには変われないわな。様子を見てみましょう・・・

何度もやりなおし。家族は何度もやり直しができていいですね。

スポンサーリンク

 - Life, 反抗期の記録