【金正男】家系図・第三夫人が工作員!裏切りの罠~息子ハンソルの動画が危険!

      2017/02/22

金正男殺害事件から1週間が経ちました。

数人の実行犯も捕まり、空港内で何が起こったのか、おおよそのことは分かってきました。

私が今回の事件で1番驚いたことは、金一族の家族内の闇です。

金正男の第三夫人が工作員だったとは・・・

一番近い人間に裏切られた可能性があるという事ですね。

北朝鮮から狙われてもおかしくないような、ハンソル氏の危険な発言動画も載せています。

金正男の家系図と生い立ち&結婚は~異母兄弟・金正恩第一書記との関係は?

スポンサーリンク

金正男・家族図

 

 

見にくい方はコチラをどうぞ⏬

金正恩第一書記の家系図

金正男は恋多き人物だったようで、第二婦人+愛人が三人いたそうです。

第一夫人:シン・ジョンヒ(北京在中)、子供:息子クムソル

第二夫人:李恵慶 イ・ヘギョン(マカオ在中)、子供:息子金漢率(キム・ハンソル)、娘金率姫

 

愛人 1:ソ・ヨンラン(マカオ在中)、子供:娘ヒョンギョン←(子供の情報は確認中)

愛人 2:名前不明(シンガポール在中)

愛人 3:名前不明(マレーシア在中)

子供は息子2人と娘が2人となります。

キムハンソル氏

一時、金漢率(キム・ハンソル)はパリ政治学院に留学中に、学生寮の郵便受けから名前が消え、行方が分からなくなっている!

との噂されていましたが、本日2月21日、金正男の遺体の確認をする為にマレーシアに入国したと情報が流れています。

しかし、金正男には第二夫人までと聞いていましたが、愛人が他に3人いるとは・・・

スポンサーリンク

第三夫人が工作員?

金正男がマカオで同居していた警護員兼、事実上の第三夫人【ソ・ヨンラン】(41)は北朝鮮の工作員であることが19日に判明。

正確には『北朝鮮の対韓国工作関連部署出身』

 

第三夫人:ソ・ヨンラン

生年月日:1976年7月2日

出 身 地 :平壌

血 液 型 :A型

88年10月に朝鮮労働党第126連絡所の職員として配属。

※「連絡所」とは、対韓国工作部署の別名

 

ソ・ヨンラン氏は正男氏の警護の為に行動を共にしていたのですが、もう一つの役割は、動向を北朝鮮に報告する事。

しかし、時間の経過とともに男女の関係になったのではないかと韓国情報当局は見ています。

2001年に正男氏が偽造パスポートで日本に入国しようとして摘発された時、ブランド物のバッグを持ち、サングラスをかけたソ・ヨンラン氏の姿がメディアにとらえられています。

 

正男氏自身は、ソ・ヨンラン氏の事を「秘書」と言っていたそうです。

ですが、韓国情報当局者は

「事実上、正男氏の第三夫人であり、マカオに居住する正男氏の第二夫人イ・ヘギョンや子どもたちの世話をする役割も担っていた」と述べています。

そんな関係が成り立つ事が不思議でなりませんが、これが現実なのでしょう。

 

このソ・ヨンランという女性はご覧の通り、かなりの美人で、お酒も強く、とても警護員には見えないそうです。

しかし、やはり闘うのは上手いと正男氏の知人が語ったそうです。

 

疑惑の第三夫人

嘘か誠か、現在噂されているのは、

「正男氏暗殺計画を知りながら黙認・ほう助した」という可能性が疑われています。

 

警護が誰も付いていないにも関わらず、正確な場所が知れていたのは何故でしょう?

正男氏の行動も把握できている近い人間を疑うのが、自然ですね。

 

次に狙われるのは息子ハンソル

キムハンソル氏は2012年にお父さんと同じく、金正恩の怒りを買う様な発言をしています。

こちらが金正男の息子・金漢率氏⏬

動画はコチラで見れます⏬
(全て英語です)
Kim Han-sol interviewed by Elisabeth Rehn 

金正日について

会ったことも話したことも無く、主に母方で型で育った為、祖父が北朝鮮の指導者だということは大きくなってから知った。

 

金正恩について

会った事はない。

父、正男はは政治に関心がなく、私も知っていることが殆どない為、どのようにして正恩氏が独裁者となったかよく分からない。

 

父・正男について

父は、自分は特権階級だということは忘れ、苦しんでいる人々のことを考え、自分の今の立場に感謝しなさいと頻繁に言っていた。

 

南北問題について

二つの国は平和と統一に向けて努力しているが、法があるため双方の国民が会うことはできない。

南北のどちらか一方に行けないというのは悲しいこと。

 

今後について

学業を続けて大学を卒業後、ボランティアや人道主義的な活動をしたい。

北朝鮮に戻ってあらゆる面をもう少し改善し、住民たちが楽に暮らせるようにするのが夢。

 

2012年の発言ということもあり、その頃は後見人である

張成沢(チャン・ソンテク)が健在だったし、金正日氏が溺愛していた金慶喜(キム・ギョンヒ)も表舞台で活躍していました。

この2人の夫婦の後ろ盾があったから許された発言だったのです。

しかし2013年、張成沢(チャン・ソンテク)は残酷な方法で処刑され、金慶喜(キム・ギョンヒ)は今や姿も表しません。

 

今回の殺害で、次は息子ハンソルでは?と考えられるのですが、逆に警護が強まり安全であって欲しいと願います。

 

金正男の家系図と生い立ち&結婚は~異母兄弟・金正恩第一書記との関係は?

 


父・金正日と私 金正男独占告白

電子書籍はコチラ⏬

父・金正日と私 金正男独占告白【電子書籍】

スポンサーリンク

 

 - ニュースいろいろ, 芸能