反抗期が入院するとどうなるのか?マイコプラズマ肺炎の副産物・・・

   


長男、喉が痛いと・・・
あー何か風邪のウィルスが入ってそうだなぁ・・・

しかし、先日大喧嘩したところで、優しく声をかけない、大人げない私。
露骨に「しんどいね~ん」と言えない意地っ張りな長男。。。
そんな私達に試練が・・・
(前回の喧嘩が気になる方はコチラからどうぞ

スポンサーリンク


10/1に長男、発熱。

近所のクリニックへ。(部活があるので早く治したいと伝えると点滴をして下さいました)
2日間微熱。
同じ病院へ。(点滴&抗生剤の処方)
熱が一気に下る。
学校行く。
熱が39度までガーーン!!


咳も気になり、肺炎の可能性も考えてレントゲンの撮れる総合病院へ。

 

「肺炎です。今日から入院です。
長くて2週間。早かったら1週間くらいかな」

 

 

 

「ちーん・・・」(涙)

 

 

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・
と深い溜め息をつきながらの待合室。
「ここは君が生まれた病院だわ。生まれたばかりの君を抱きながら、1人から2人になった事を感じながらこの長椅子に座ってたのを思い出したよ・・・
喧嘩ばっかりして・・・同じこの病院で今度は引き離されるなんて、神様から叱られてる気分やわ・・・・」


おそらくマイコプラズマ肺炎だそうで、とにかく安静が一番の薬だそうな。

咳が辛そうだし、熱が続いてるから体力が消耗してるのが見て分かる。
可哀想に・・・


私はいったい何をしていたのだ・・・(怒)

もう、意地を張ってる場合じゃない・・・

早く治してあげなければ!!!

 

大慌てで家に帰り必要な物を準備し、病院に戻った時には長ーいチューブに繋がれ点滴を受ける長男。
なんと、24時間点滴をするんですって・・・

ベッドに横たわる長男の周りを冷静に見渡すと、

風船を持った熊さんが無数に描かれた、可愛らしいにも程がある壁紙に、
お隣との仕切りはアンパンマンのカーテン 笑

そうか、小児病棟に入院なんやもんね 笑
「反抗期には罰ゲームやな 笑」
アカン。笑ったらアカンけど、オモロイwww
でも反抗期くん、荒れないかしら?と少しの不安を感じながら色々とお世話をし

「明日また来るね~」と病院を後にした。

さて、反省する母をヨソに、
その日の夜のメールがこちら 笑↓↓↓

screenshot_2016-10-07-10-24-48-2
因みに、長男が怖がってる『くまの壁紙』はこれ

dsc_0264
dsc_0263
うける・・・身体より心が病んどるな 笑
いや、笑ったらアカンけど・・・

スポンサーリンク

その後のやり取りでも・・・
長男「今日のお昼ご飯カレーやってんけど、カレーパンマンの見てる前でカレー残したった。ヘヘヘヘ…
病んどるな・・・

 

長男「今日の夕飯は何とハンバーグ!!」
「でも・・・一人で食べます・・・」
自虐 ?笑

そんな長男、
御見舞に行くと「ありがとう。」
差し入れすると「美味しい。ありがとう。」
帰る時は点滴を押しながらエレベーターまで見送りに来る。
エレベーターの扉が閉まる寸前に再度「ありがとう。」

 

これは同じ人間なのか!?

先日、私に噛み付いてきた同じ人間なのか!?


私の父にその話をすると、

「そんなもん、退院したらすぐ戻りよるわっ!ぐわはははは~」

だね。。。。

分かってますよ。そんな事。
そもそも、そんな事、期待するのが間違えてるんだ。
でもジャックナイフのように尖っていた長男が
今はバターナイフのように滑らかなのを、
入院中ではありますが、穏やかな会話が出来ている事を
少しだけ・・・少しだけ幸せに感じさせて下さい。

fin.
スポンサーリンク

ジャックナイフだった時の息子
直近の様子はこちらです

 - 反抗期の記録