ゴールデンキウイ&ほうれん草でインフルエンザ対策~冬野菜・冬果物~オリンピック選手も実践★

      2017/01/09

2017年1月7日【世界一受けたい授業】でこの季節に有り難い授業がしていたのでまとめます★

テーマのひとつは【1~2月、インフルエンザや風邪の対策にお薦めの冬のスーパー食材】

インフルエンザにかかりにくくなる、フルーツと野菜の正しいとり方!との事。

わたくし、主婦歴15年。

自信ありません・・・(汗)

今年の冬も無事に越せるよう、是非参考になさって下さい(^^)

 

スポンサーリンク

 

先生の経歴がスゴイ!

 

今回の先生は管理栄養士の石川三知先生!

 

 

この先生、とてもスゴイ方でした★

 

サポートされた選手を書きます⏬

『トリノ五輪』の金メダリスト荒川静香さん。

『バンクーバー五輪』の銅メダリスト、ソチでも活躍した高橋大助さん。

『リオ五輪』銅メダリスト瀬戸大也さ、渡部香生子さん。

 

インフルにならない冬の野菜

さっそく、本題に入ります。

食はバランスが大切ではありますが、この時期に積極的に食べる事で免疫をあげ、ウイルスに負けない体を作る食材があるとの事!

まずは野菜部門を一つ挙げて下さいました。

石川三知先生が教えて下さる、インフルエンザにならない為のお薦めの冬野菜は!?

ほうれん草

 

 

ほうれん草は夏と冬では栄養価が倍以上違うのです。

冬のほうれん草は寒さのため、ストレスがかかり栄養価が増しています!

 

疲労回復に良いとされるビタミンCが 

3倍!

 

抗酸化作用のあるβカロテンは

冬野菜の中で トップクラス!!

 

という事で、ほうれん草は寒い季節の今、食べるべき食材ですね。

このようにスーパー食材を食べる事で病気になりにくい体を作ることが可能になります。

続きまして果物です⏬

 

スポンサーリンク

 

インフルにならない冬の果物

目からウロコの冬の果物。

冬こそ食べるべき果物とは!

(黄色い)キウイ

 

 

キウイは免疫力を高めるビタミンCが果物中でも格段に多いそうです。

 

 

さて、キウイには緑の“グリーンキウイ”

黄色い“ゴールデンキウイ”がありますが、

色が違うだけで栄養価はこんなに違うのです⏬

 

~ビタミンCの量の比較~

緑:グリーンキウイ=69㎎

黄:ゴールデンキウイ=140㎎

 

 

 

何と約2倍!

 

ビタミンCと言うと、レモンをイメージする人が多いと思いますが、

ゴールドキウイはレモン7個分のビタミンCが入っているのです(^^)

 

最近の研究結果

2015年、ニュージーランドのオタゴ大学で行われた研究では、

1日2個のゴールドキウイを食べると、体内に侵入してきた細菌を殺菌する好中球の活動が活発になり、

更に細菌を殺すスーパーオキシドが増えると結果が出たそうです★

そして、水分も一緒に摂取出来るので、鼻や喉の粘膜が潤ってウイルス予防にもなります。

このような事を総合すると、免疫力をあげ、風邪対策に効果的だということなのです。

 

 

安くて食べやすいのにビタミンCが豊富なゴールデンキウイ!

そして、ほうれん草を上手に摂取して、風邪に負けない!インフルエンザにかからない身体作りに頑張りたいですね!!

 

スポンサーリンク

 

 - ドラマ, ニュースいろいろ, 美容, 芸能