反抗期の対処法:其の一★我が子を愛せない時は幼いときを思い出せ!(無理矢理でも)

      2017/04/07

反抗期が酷すぎて、我が子を愛せない時。

ありますよね!?(ないかなww)

 

そんな時、私はいつも思い出すシーンがあります。

それを思い出すと荒んだ心も少し落ち着き、時によれば思わず笑顔になってる時すらあります。

 

小さい時は本当に可愛かった・・・

小さい時は・・・

小さい時だけ・・・

 

我が家の反抗期息子・・・そうですね名前は反太郎にしましょう★

反太郎がクソむかついて家の中が荒れている時、心を落ち着かせる為にいつも思い出す、あの時のことを書き留めておこうと思いました(^^)

 

スポンサーリンク

 

反太郎6歳:年長さん

反太郎は小さい時から気難しい子で、幼稚園に行かせるのも一苦労。

幼稚園を少しでも好きになってもらおうと、週に2回、幼稚園の中で開かれる体操教室に入ることに。

これは結構気に入った様で、機嫌良く行ってくれました。

 

保護者は体育館の端で雑談しながら見守っています。

雑談しながらも、我が子が良いところ見せないかな?と思っているのが親心(^^)

 

そんなある日の出来事。

 

今日の課題は鉄棒★

 

体育館に簡易の鉄棒を持ってきた、体操の先生を見て、子どもたちは大喜び★

それはそれは異常なはしゃぎっぷりです 笑

 

 

締りが無くなった生徒を見て、先生が言いました。

 

『静かに~!!』

『カッコよく座ってる子からして貰います!』

 

先生、子供の扱いがお上手♡

 

子どもたちは一斉に

ピシーッと三角座り(お山座り?)をしました。。。

 

 

あれ・・・?

ウチの子だけ、、、

むしろ・・さっきより足を崩して座ってる・・・

片方の口角だけあげてニヤッと笑顔・・・

 

そして『イイネ!』の手を顎の下に持っていき、大きく円を描いているのは何故??

 

周りのお母さん方が私を見て笑ってますね?

 

もしかして、、、

うちの子だけ『カッコよく座るを勘違いしてる??』

 

 

 

てかあんたのカッコイイの定義どないなってんの?

周りのお母さん方、私が面白い事してるのではありませんので、あの子を笑って下さい。

そして二度と私を見ないで下さい。。。。

 

反太郎、いつまで『イイネ!』をグルグルしてるのです。

正気に戻れ💢

 

仕方なくヘラヘラ笑ってやり過ごしましたが、続きがありました。

 

スポンサーリンク

 

大きく勘違いしている反太郎を不憫に思ったのか、本気で面白かったのか、先生は反太郎を1番に選んでくれました。

先生大人ですね(TдT)

 

反太郎は大喜びです!

『やったー!やったー!やったー!!』

と喜びを爆発させながら、

ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ!!

 

ジャンプしながら少しずつ前に進んでいることに気づいて下さい、反太郎。

気付きなさい!

気づけっっ!!

 

 

“ばいぃぃぃ~~ん!”

 

 

少しずつ鉄棒の下に入り込んで、頭のてっぺんを鉄棒で激しく打ったのです。

 

“ばいぃぃぃ~ん!”って。

(この表現しか思い当たりません。)

 

 

周りのお母さん方、今度は遠慮なく私を見て笑います。

 

だから、

面白い事をしているのは、あそこで頭を押さえているあの子ですから、あの子を指差して笑って下さい。

そして二度と私を見ないで下さい。。。。

 

この日の事を思い出すと少し、ほんの少し反抗期を許してあげられる 笑

あの日の面影をたっぷり残した14歳の息子のお話でした(^^)

⇒その他反抗期の記録はこちら(^^)

スポンサーリンク

 - 反抗期の記録