桐生のぞみの父親について~学生時代の顔画像とフェイスブックが判明!

   

滋賀県の河川敷で発見された人物を手に掛けたのは、実の娘・桐生のぞみ容疑者と判明しました。

母娘の関係が気になります。

また、桐生のぞみの顔画像と、父親について調べています。

スポンサーリンク

事件詳細

2018年3月。

滋賀県守山市の河川敷で切断された女性が発見されました。

見つかったのは胴体の部分だけだったので、第一発見社は『動物の死骸がある』と勘違いし、市に報告したとの事。

市は何の動物かを調べるために解剖し、人という事が判明したのです・・・

 

発見当時の状況

胴体は人目につく状態で地面に置かれており、約1~2週間経過。

衣服は身につけていなかった。

 

警察は捜査をするも被害者を特定することが出来ず、近隣住民による情報が犯人逮捕に繋がりました⏬

最近、(桐生家の)母親を見かけない。

 

スポンサーリンク

犯人は娘・桐生のぞみ

2018年6月。

事件は急展開を迎えます。

切断された女性の名は、桐生しのぶさん(無職・58歳)。

そして、犯人として逮捕されたのは桐生しのぶさんの娘である【桐生のぞみ】というのです・・・

凄惨な事件であっただけに、まさか娘が犯人とは到底思いませんでした・・・

 

桐生のぞみについて

 

住所:滋賀県草津市笠山7

・・・胴体が見つかった現場からわずか250mの場所

・・・事件当時は、守山市で母親と同居

職業:看護師

⇒桐生のぞみのフェイスブック

 

桐生のぞみと母親の関係

気になるのは母娘関係です。

これだけの事を娘がするとなると親との関係が気になるところです。

近隣住民からの情報はこちら⏬

『(被害者は)普通に優しいおばちゃんって感じ。そういえば最近見ていない、会っていなかった』(近所の人)

 

『(桐生のぞみ容疑者は)まじめそう。おとなしい』(近所の人)

 

『常にお母さんとは一緒にいたので、仲良くはしていたみたい。悪い印象はなかったですけど』(桐生のぞみの元同僚)

 

『近所付き合いのない家だった』

 

『医大を目指すぐらい勉強はできたが、コミュニケーションが不得意だった。一緒に買い物をするなど(母娘の)仲は良かった』

 

家族構成

報道が錯綜しており、

事件当時、母娘二人で同居との説もあるのですが、

父親を含め3人家族とする報道もあります。

 

もし父親も同居なのであれば、

嫁が行方不明になり警察に届けを出さないところが不可解ですし、

のぞみ容疑者が否認している事を考えても、父親の事件への関係が疑わしくなりますね・・・

 

また、素人の考えですが、

女性が一人で人間を解体できるのか?ということです。

看護師ということで、身体の仕組みはよく理解しているのでしょうけど、ある程度の力は必要なのではないかと考えます。

 

スポンサーリンク

桐生のぞみの経歴

近隣住民の話から、桐生のぞみ容疑者は医大を目指すほど頭が良かったとの事。

医者を目指していたのでしょうか。

しかし実際は、事件後の2018年4月から看護師として就職しています。

31歳までの職歴は不明。

桐生のぞみは、事件のあと母親と同居していた家を引越し一人暮らしをしているようです。

 

調べに対して・・・

調べに対して、桐生容疑者は容疑を否認しています。

遺体の胴体以外の部分や凶器なども見つかっておらず、警察は、しのぶさんが死亡した経緯も含め、桐生容疑者を追及する方針です。

 

さて、

娘が母親を手に掛け、解体して河川敷に放置するとは普通の神経では考えられません。

生前の二人の関係が気になるところです。

最近では毒親なんて言葉もありますが、例えそうであっても、立派な職業に就く31歳の大人です。

一人暮らしなど親から離れる術はあったのでは??

親子にしか分からない何かしらの理由で離れる事すら出来なかったのか・・・

また、父親の情報など、未だ分からない部分が多いので、情報が入り次第追記いたします。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

 - 事件