栗城史多がFacebook・インスタで体調不良の様子が明らかに~

   

2018年5月21日に亡くなった登山家・栗城史多さん。

Facebook・instagramで状況を細かく報告して下さっていました。

読むと、体調がどんどん悪化していく様子が克明にしるされており、なぜそこまでして登るのか??

栗城史多さんの登山家としての覚悟を感じます・・・

体調の変化をまとめます。

⇒栗城史多【指と鼻の再生画像】嘘つきと呼ばれた理由~

 

スポンサーリンク

登山のはじまり

栗城史多さんといえば、4度目のヒマラヤ登山の際、スマホを操作できるようにと指先の空いた手袋を使用し凍傷になり、指9本を切断した事で有名です。

今回も登山の様子をAbemaTVで中継予定だったそうですね。

中継にこだわるのは栗城さんなりの伝えたい思いがあったようです⏬

この冒険は登山だけではなく、「冒険の共有」という挑戦における失敗や挫折を共有して、自分と同じように見えない山に向かっている人達にエールを送り、否定の壁を乗り越えるのが最終目的です。

 

時系列

栗城史多さんが残してくれたFacebookの内容をまとめます⏬

4月23日

約4200mのペリチェ村に到着。

 

4月26日

ペリチェ村で1日の休憩の予定が、39度の熱を出し2日間休養。

本人は大変前向きな言葉を残しています⏬

色々と溜まっていたものが出たかもしれません。。

でも、高所では早めに熱が出た方が体も慣れて後半やりやすくなります。

いい感じです。

早くも体調不良だったことが分かります。

 

スポンサーリンク

4月27日

5300m、エベレストのベースキャンプに到着。

高熱は下がり元気になったとのこと。

 

5月2日

6400mから7600mまで上がり、高所に順応していくようです。

しかし、ここで栗城史多さんは再び体調不良を訴えています⏬

今は咳が多少出ますが落ち着いて上がって行きたいと思います。

同行していたスタッフまで・・・⏬

実はドキュメンタリーの撮影メンバーが急きょ帰国することになりました。

昨日、突然の激しい腹痛で動けなくなり、ベースキャンプに常駐しているドクターに見てもらったところ、菌が入ったようだとのことでした。

高所では抵抗力が下がるので、菌などにやられやすくなってしまいます。

 

スポンサーリンク

5月3日

この日から登山の予定だったそうですが、体調悪化。

昨日夜中からまた38度を越える熱が出てしまい今日は上がりませんでした。

Facebookコメント欄には『一度高度を下げたほうがよろしいかと。』とアドバイスする声も・・・

5月5日

5400m:キャンプ2

ここ数日熱が出ていたが下がったとの報告。

しかし咳が続いていると記されています。

少しお痩せになったように感じます。

 

5月7日

高所順応で登り始めたが、強風になったため、一旦ベースキャンプに下ったとの報告。

風が収まり次第再び上がるそうです。

栗城史多さんの体調報告⏬

また、咳が止まらない。。

体調を整えて、また上がります!!

 

スポンサーリンク

5月9日

咳が止まりません。

今、ベースキャンプでは咳が蔓延しています。

何かしらの菌がスタッフを襲っているのでしょうか・・・

朝も夜も咳が治まらないとの事で、ヘリで病院で診察をうけたと報告⏬

『肺に異常はありませんでした。安心。』

 

5月10日

ベースキャンプに復活。

明日から高所順応で登り始めるとのこと。

栗城史多さんの体調報告⏬

『咳は少しましになりました。』

 

5月12日

ベースキャンプを出発し、ようやくキャンプ2(6400m)に到着。

『咳が治まった』と報告。

 

5月13日

これから7000mを目指すとのこと。

栗城史多さんの体調報告⏬

『咳も止まって体調は良いです。』

 

5月16日

無地に標高7300mまでの高所順応を終えて下山。

登頂日は21日を予定だと報告。

 

5月19日

明日から登頂するとの事。

体調面の不安を告白⏬

若干咳がでるくらいで(遠征)前半にあった咳や熱はほぼなくなっています。』

 

5月20日:20時

7400m地点。とても前向きな言葉を残しています⏬

今は、このエベレストを苦しみも困難も感じ、感謝しながら、登ってます。

かなり慎重に、やり遂げたいと思っています。

みなさん、応援本当にありがとうございます。

叱咤激励を含めて、自分と同じように何かにチャレンジする人たちに向けて、この共有が役に立てばと思っています。

みなさんと一緒に、登っていけたらと思ってます。

応援ありがとうございます。

 

5月21日:10時

中継班から心配な投稿。

栗城は体調が悪く、7400m地点から下山することになりました。

今後の行動は未定で、栗城が無事に下山して状況がわかり次第、お知らせいたします。
皆様からの応援、本当にありがとうございます。

この時には既に帰らぬ人となっていたようです・・・

 

スポンサーリンク

5月21日:16時

事務所から亡くなったとの報告。

栗城事務所の小林と申します。

このようなお知らせになり大変申し訳ございませんが、
エベレストで下山途中の栗城が遺体となり発見されました。

下山を始めた栗城が無線連絡に全く反応しなくなり、
暗い中で下から見て栗城のヘッドランプも見当たらないことから
キャンプ2近くの撮影隊が栗城のルートを登って捜索し、
先ほど低体温で息絶えた栗城を発見いたしました。

生きて帰ることを誓っておりましたのに、
このような結果になり大変申し訳ございません。

生きて帰るため執着しないと誓っておりましたのに、
最後に執着してしまったのかもしれません。

皆様へのご報告が遅くなりなりましたこと、
心よりお詫び申し上げます。

何m地点で発見されたかなど

これ以上の詳細が日本でわからず大変恐縮ですが、
またわかり次第お知らせ申し上げます。

これまで栗城を応援していただき、本当にありがとうございました。

栗城事務所  小林幸子

⇒栗城史多さんのFacebookはコチラ

 

恐ろしいほどの冒険心。

志しなかばで悔しい思いを残されているとは思いますが、私を含め多くの人に夢を与えた事は間違いありません。

心からご冥福をお祈り申し上げます。

栗城史多【指と鼻の再生画像】嘘つきと呼ばれた理由~

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

 - ニュースいろいろ, 事件