中沢祥基の横領は嫁へ貢ぐためだった~家族・子供について~

   




横領額としては相当な額ですよ!

中沢祥基が台湾で逮捕されましたが、金遣いや逮捕時のセリフには驚きます・・・

犯罪に手を染めた理由には、台湾国籍のの存在が大きかったように思います。

詳しくみていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

報道内容

台湾の警察が、日本人・中沢祥基を資金洗浄(マネーロンダリング)防止法違反や横領の疑いで逮捕しました。

中沢祥基容疑者について

国 籍:日本人

年 齢:43歳(2018年現在)

職 業:無職

前 職:東京都内の自動車部品メーカーの元管理職

家 族:嫁とは偽装離婚の可能性。

今のところ、子供に関する情報はゼロです。

 

時系列

中沢祥基容疑者は自動車部品メーカーで管理職として勤めていました。

2003年:横領を始める。

約5億の横領の疑いが持たれ、

2014年1月:台湾に逃亡。

業務上横領容疑で逮捕。

 

横領金額は総額25億に達する可能性があります。

 

スポンサーリンク

 

豪遊生活と横領額

中沢祥基の台湾での暮らしぶりには驚きます・・・

テレビで見た中沢祥基はかなり地味な感じの上、無職との事。

どこで何に使ったのかが気になります⏬

 

金の使いみち

■逃亡後の住居・・・妻の故郷の南部・高雄市白亜の豪邸

■自宅以外にも2軒の住宅を所有。

不動産総額は約1億7千万!

■自宅(豪邸)があるにも関わらず、毎日のように5つ星ホテルやエステを利用。

■毎月の豪遊に使う支払額は70万円。(台湾の平均月収は12万円)

■夕方になると高級デパートでブランド品を買い漁っていた。

 

どうやら中沢祥基容疑者は、

勤めていた会社で横領した金を使い、高級ブランド品を日本で購入し、台湾で売りさばき金に変えていたようです。

 

自宅から見つかった物

自宅からは現金の他・・・

■ロレックスの時計

■エルメスのベルト

■ヴィトンのバッグ

■小判

総額1億3千万台湾ドル(約4億7千万円)相当を押収。

 

スポンサーリンク

 

泣き崩れる中沢容疑者

逮捕された中沢祥基容疑者が横領した総額は25億。

逃亡生活は4年にも及びます。

【派手】とは反対のイメージの中沢祥基容疑者にとっては、もやは金などどうでも良かったのかも知れません。

中沢は人目を避けるように常にマスクをつけ、近所の人と顔を合わせることもなく、目立たないように生活していたとの事。

 

 

捕まった時の中沢祥基容疑者の様子⏬

 

「悪いことをしてしまった」

「もう疲れた」

と両親に連絡し、泣き崩れたそうです・・・

 

横領は嫁の為?

中沢容疑者が横領に手を染めた理由には、どうやら、共に逮捕された台湾人が関係しているようです。

 

嫁との出会いが横領のキッカケ

台湾人である嫁は、元々カラオケクラブの経営者だったそうです。

そして中沢祥基とは客として知り合いました。

彼女に貢ぐ内に会社の金に手を付け・・・気づけば今の状況ですね。

 

偽装離婚

中沢容疑者は結婚したあと、会社名義の小切手を妻に渡して離婚しています。

しかし離婚した嫁と共に台湾で生活を共にしている事から、一連の行為は偽装離婚とみられています。

 

中沢祥基は仕事ができた

この事件を要約しますと、

毎年2億もの金が横領されている事に気づかない程の会社が、

お金の事をたった2名に任せており、11年間横領に気づかなかった。

その任された2名の内の一人が、当時28歳という若さの中沢祥基で、

恐らく相当仕事ができ、信頼のおける人間だったが、女にボケて人生が崩壊した・・・

きっと気の弱い男だったのだろうと想像します。

4年もの逃亡期間、生きた心地もしなかったでしょう。

罪を償って、次こそ自分らしく地道に生きて欲しいものです。

 

スポンサーリンク

 

 - ニュースいろいろ, 事件