船戸雄大の嫁の罪~連れ子?結愛(ゆあ)ちゃんへの虐待が異常~評判に驚愕!

   




東京都目黒区で起きた虐待事件の詳細が分かってきました。

被害にあったのは結愛(ゆあ)ちゃんという可愛らしい5歳の少女。

加害者は父親・船戸雄大です。

どうやらゆあちゃんは加害者の実子ではないようです。

嫁の証言も気になるろころばかりで罪に問われないのか?

また児童相談所は本当に止めることが出来なかったのか?疑問が残ります。

 

スポンサーリンク

 

事件詳細

わずか5歳の少女・船戸結愛(ゆあ)ちゃんが、父親に虐待され最悪の結果となりました。

2018年3月2日、午後。

『娘が数日前から食事を取らず嘔吐し、心臓が止まっているようだ』

父親・船戸雄大自身の通報で救急隊員が駆けつけたのですが既に手遅れでした。

 

結愛ちゃんに行われた事

船戸雄大容疑者の供述により、なにが行われたのかが徐々に明らかとなってきました。

「言うことを聞かなかったので風呂場で真水のシャワーを浴びせ、顔を拳(こぶし)で殴った

船戸雄大はこの様に述べており、

警視庁はけがの新しさなどから、この際に何度も殴った疑いがあるとみています。

 

解剖結果

結愛(ゆあ)ちゃんは頭部や目の周囲に打撲痕があり腫れがありました。

ご遺体を解剖した結果、脳内出血が確認されています。

 

結愛(ゆあ)ちゃんが受けた虐待内容

虐待と一言でいっても様々な内容がありますが、ゆあちゃんが受けていた虐待内容が本当に酷くて、可哀想でなりません・・・

 

ネグレストの容疑

ゆあちゃんは5歳ですが体重が12kgしかなく、十分な食事を与えられなかったようです。

■5歳の平均体重:18kg

胃に内容物は認められたものの、十分な食事を与えない育児放棄を受けていた可能性があります。

発見時、栄養状態は悪くあばら骨が浮き上がりガリガリに痩せ細っていました・・・

 

自宅の冷蔵庫の前には棚のようなものが置かれ、結愛ちゃんが勝手に冷蔵庫の物を食べないようにされていました。

やせ細った子供が、お腹を空かせ食事を求めれば、親としては嬉しいはずなのに、食べさせないようにしていたという事ですね。

食べたいのに食べられずやせ細ったという訳です・・・

親は食べているのに食べさせて貰えないなんて、可哀想に・・・

 

暴力による虐待

父親・船戸雄大は

『これまでにもしつけとして手を挙げた事がある』

と供述しており、身体には皮下出血の古いアザが数カ所あり、日常的な暴力があったとみています。

ネグレクトで放ったらかしにされていた上、接触して貰える時は暴力です・・・

【しつけ】と言う名の【ただの暴力】

親以上の我慢を強いられ、親の希望に沿わなければ【しつけ】という暴力を受ける5歳の少女を、助けようとした大人が何人もいたことを、児童相談所はどう受け止めているのでしょう。

 

スポンサーリンク

 

船戸雄大(ふなとゆうだい)について

ゆあちゃんへの傷害容疑で逮捕された父親・船戸雄大容疑者についてまとめます。

年 齢:33歳

現住所:東京都目黒区東が丘

前住所:香川県善通寺市

職 業:無職

家 族:嫁(25)、結愛ちゃん(5)、長男(1)

 

船戸雄大の嫁について

ゆなちゃんはどうやら船戸雄大の実子ではないようです。

1歳の長男は船戸容疑者と嫁の子供なのでしょうか。

船戸容疑者33歳、嫁25歳の若い夫婦ですから、養子をとった可能性は低く、嫁の連れ子かな?と想像します。

何れにせよ、子供に何の罪があるというのでしょう。

 

近所の評判が良すぎる

近隣住民による船戸家の評判が良すぎて恐ろしい

『ご主人はすごく明るい人』

『明るくて普通の、今時珍しいなと思った』

「(船戸容疑者と)2~3日前に会い、もうすぐ小学校なんですと言っていた。感じが良く、暴力を振るうようには見えなかった。ただ女の子は手足がすごく細かった

などと評判が異常に良く、外からは理想的な家族に見えていたようです・・・

 

結愛ちゃんは隠されていた?

しかし、ご近所の方が見ていたのは1歳になる長男だけだったようです⏬

『(見たのは)小ちゃい子。(大きい子・ゆあちゃん)は見ていない

やせ細った娘は外には出さないようにしていたのでしょう。

 

児童相談所で2度も保護

驚くことに、結愛ちゃんは香川県在住のころ、2度も一時保護されていたのです。

 

■2016年12月:長時間屋外に放置されていると近隣住民から通報

⇒ 2ヶ月後にゆあちゃんを一時保護。

■2017年 3月:外でうずくまっている結愛ちゃんが通報される。

⇒ 一時保護されるが、わずか5ヶ月後⏬

■2017年 8月:虐待の疑いがあると通報。

病院から『こめかみ付近と太ももにアザがある』と通報。

結愛ちゃんは『パパに蹴られた』と証言している。

⇒ 児相は一家に対し指導を行うか、従わない場合は子供を施設に一時保護、又は強制入所になると告げる。

⇒しかし2017年12月に船戸雄大が単身で東京へ転居したため、危険性が薄らいだと判断。

⇒2018年1月:ゆあちゃんらも東京へ転居し、容疑者と同居を再開。

 

香川県児相から連絡を受けた品川児相の職員が訪問するも、母親が『会わせたくない』と拒んだといいます。

東京都の見解⏬

「虐待事案が2回あった家庭」などの引き継ぎを受けていたが、けがの程度が軽かったことなどから危険性が高いとは考えていなかった。

という訳で、県は危険性は低いとして一時保護をしなかった。

一体なにが起これば危険性が高いと判断するのか!?

これは救えた命だったように思え、悔しくてなりません・・・

たとえ母親も容疑者に暴力を振るわれていたとしても、同罪だと思っています。

ご冥福を心からお祈り申し上げます。

 

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ, 事件