金崎大雅・仲内隼矢・菅野弥久の家族と生い立ち・顔画像~海老原よし子さんとの関係は~

      2018/02/23

金崎大雅、仲内隼矢、菅野弥久、家族、生い立ち、顔画像、海老原よし子、関係

千葉県印西市で住宅火災と思っていたら、実は事件だったことが判明しました。

容疑者は16歳少女を含む男女4人です。

逮捕されたのは金崎大雅(20)、仲内隼矢(20)、菅野弥久(20)、と16歳少女でした・・・

分かる限りの生い立ちや容疑者の家族のコメントなどをまとめます。

※追 記 

とても近い関係の方からコメントを頂いており、金崎大雅容疑者の過去の女性関係、父親の職業、家族構成まで記されておりました。

興味のある方はページ下部『コメント欄』、最後まで御覧下さい。

 

スポンサーリンク

 

事件詳細

2018年2月17日、夕方。

千葉県印西市の住宅で火災が起こりました。

焼け跡からは55歳の海老原よし子さんが変わり果てた姿で発見されました。

 

当初、警察の発表は以下の通り↓

『殺意を持って火を放ち、被害者を死因等不明なるも殺害したもの。』

 

時系列

現在、分かる段階での時系列をまとめます。

事件より2週間前

見かけない若者たちが海老原さん宅に出入りしているのを近隣住民に目撃される。

普段は海老原さん宅で、内容は分からないが大きな声で喋っていたとのこと。

 

2月16日

事件前日。

『人が家にいるのに、声が聞こえないのが不思議だね』と近隣住民は話していたとのこと。

 

2月17日

事件当日。

4人は海老原さん家に一緒にいたとみられています。

20日発表の供述により、出火前に『頭にきて海老原さんを殴ったり蹴ったりして暴行を加え、火をつけた』ことが分かっています。

夕方、海老原さんの自宅に火の手が上がりますが、火を放ってから殺害したとみられています。

犯人はその後逃走

2月18日・昼過ぎ

静岡・富士宮市内の駐車場で止めた車にいる4人を発見、逮捕。

 

スポンサーリンク

 

海老原よし子さんについて

■年齢:55歳

■千葉県印西市で一人暮らしをしていたのですが、足が不自由で生活保護を受けていたそうです。

■以前は警備会社で勤めていたが、仕事を辞めてお金に困っている様子だった。

■性格は社交的で、愛想が良かったと言われてはいるものの海老原さんの生活を把握する住民は少なかった。

 

2月19日、警察が容疑者として逮捕したのはなんと16歳を含む20歳の男女4名でした・・・

 

スポンサーリンク

 

容疑者4名について

あまりにも若すぎる容疑者に驚きを隠せません。

■金崎大雅(20)
■仲内隼矢(20)
■菅野弥久(20)
■16歳少女

近隣住民の話では、金髪の人もいてヤンキーぽかったと証言。

 

金崎大雅(かねざきたいが)について

住所:千葉県印西市草深

年齢:20歳

交際相手:菅野弥久

 

菅野弥久と共に海老原さんと同じ土木工事の現場で働いていた。

■真面目というよりも、今どきの遊んでいる感じ。

さんの家から金崎容疑者の自宅までは車で10分ほど。

■金崎大雅の知り合いと名乗る方から、父親が自衛隊だとのコメントを頂きました。

 

金崎大雅の祖父の話

『ショックですよ、倒れそう。うちのは寝込んじゃった。あちこちでアルバイトをやっていた。』

悪い友達かなんかが夜中2~3時頃に来たりしていた』

気の弱い子で、人について行くような子だった。』

と話し、昨年夏から自宅にも殆ど帰らなくなり、今回の事件については身内ですら詳しいことは何も聞かされていないとの事です。

 

スポンサーリンク

 

仲内隼人(なかうちじゅんや)について

住所:東京都墨田区東墨田3丁目

年齢:20歳

学歴:高校中退

職業:定職にはつかずアルバイト

交際相手:容疑者である16歳少女

経 歴

仲内容疑者は、かつては野球に打ち込み甲子園を目指す好青年だったそうです。

夜中にも素振りをする真面目な一面もあったのですが、野球の全寮制(東京)に行き、ケガか何かで野球を辞めてから生活が変化します。

当時を知る友人の話↓

髪を染め、派手になり、ヤンキーぽくなった。それっぽい友達もいた・・・。

 

菅野弥久(かんのみく)について

住所:住所不定

職業:不詳

年齢:20歳

交際相手:金崎大雅

金崎大雅共に海老原さんと同じ土木工事の現場で働いていた。

■両親と喧嘩し家出。

海老原さん宅で同居していた過去があり。

■地方にアルバイトに出かけていた金崎大雅とともに生活を始める。

事件後、友人へlineで告白

起こしてしまった事件を抱えきれなくなったのでしょう。

菅野弥久容疑者は複数の友人に事件の関与を告白しています⏬

『火をつけた。死んだかもしれない・・・』

『海老原さんが“そんなにやるんだったら殺せ!”と叫んだ。そしたら4人の内1人が“だったらやるよ”と・・・』

菅野『みくがやったんだよ』

知人『かばってるだけだろ』

菅野『かばってないよ』『本当にみくが一人でやった』

知人から自首を促され、このように返信⏬

『捕まるより死んだほうがマシ』

 

元交際相手の話

『金づるができた』と話す一方で、元交際相手に『2万円貸して欲しい』さらに、『お金がないから助けて。1週間くらいご飯食べてない。』と元カレを頼ってきたとのことです。

何とも場当たり的で後先を考えずに犯行に及んだことが分かりますね。

そして菅野弥久容疑者の内面の幼さ・・・どうなりたくて、何の覚悟を持って家を出たのでしょう。

 

16歳少女

住所:自称東京

交際相手:仲内隼矢

 

スポンサーリンク

 

捜査状況と動機

■菅野弥久と金崎大雅が付き合っており、被害者・海老原さんと2人は職場が同じだった。

■菅野弥久と仲内隼矢が友人関係で、仲内の彼女が16歳少女であった。

■4人は仲良くなり車で生活をするようになるが、金に困っていた。

■お金の使いみちはゲームセンター・・・

さらに、

気道内にすすがあったことから、死因は焼死で火を放ってから殺害した。または、火がついた時は生きていた。

とのことで、より残酷に感じます。

まさかこの若さでお金目当てとは考えたくなかったのですが、車中生活に、お金に困っているようだったとの証言もあり、金目当ての殺害は間違いなさそうです。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

 - ニュースいろいろ, 事件