たかさごスクール取手『保育士の顔画像と名前は?』骨折で傷害事件にならない?

   

たかさごスクール取手、保育士、顔画像、名前、骨折、事件

男性保育士(20)が4歳児を放り投げて骨折させました。

【たかさごスクール取手】の体制にも疑問を感じます。

頑張っている保育士が多いとは思いますが、二度とこの様なことが起こらない体制づくりを考えて頂きたいと切に願います。

 

スポンサーリンク

事件詳細

2018年1月9日。

茨城県取手市の認定こども園で、20代の保育士が4歳の男の子を放り投げ骨折させていた事が分かりました。

20代男性保育士は男児を並ばせようとして放り投げ、足の骨を折る重傷で、男性保育士は現在、自宅謹慎中との事です。

 

時系列

1月9日午後3時半:園では音読発表会の練習を行っていた。

整列しなかった男児を並ばせようと、20代保育士が抱きかかえる。

 

投げる。

 

男児は転倒。

 

他の保育士が病院に連れて行く。

左足のすねを骨折と診断。

 

1月19日:事件を知らせる匿名メールが取手市に届く。

調査の結果、保護者説明会を開いて謝罪。

 

1月23日:茨城県取手市が発表し公になる。

 

まず、子供は抱きかかえた状態から落ちたくらいでは骨折しません。

字のごとく、【放り投げた】のでしょう。

 

想像するだけで恐ろしい。

4歳児からしたら20代の男性なんて何をしても敵わない。そんな人に持ち上げられ投げられたら・・・

完全にトラウマになります。

見ていた子供たちも恐怖だったでしょう・・・

 

で、園の対応遅くないですかね?

想像になりますが、骨折事故があったのですから園長は状況を詳細に聞き取りをしたはずです。

 

匿名メールを市に出した保育士又は関係者は、ありのままを報告したでしょう。

にも関わらずうやむやにされた事に疑問を感じ、市に匿名メールで報告したのではないでしょうか?

 

事件は9日に起こっているのに、保護者会での謝罪が10日後とは遅すぎます。

匿名メールがなければ、この園長はどのように処理していたのでしょうね・・・

園長先生の保育理念は以下の通り⏬

事故・怪我のない安全な保育、一人一人に寄り添った家族のような温かい保育を作ります。職員一同力を合わせて頑張ります。

⇒【たかさごスクール取手】ホームページはコチラ

 

男性保育士は自宅謹慎とのことですが、傷害事件じゃないの?と疑問に思います。

 

保育士の顔画像と名前

男性保育士に関する情報ですが、昨年4月から勤務していたとの事でまだ1年も経っていない事になります。

 

ホームページの【最新の活動】【年間行事】をご覧頂くと、男性保育士が映っておりますが、断定はできません⏬

⇒【たかさごスクール取手】ホームページはコチラ

 

スポンサーリンク

保育士の資格とは

保育士になるにはどの様な資格が必要なのかをおさらいしたいと思います。

都道府県知事の指定する保育士を養成する学校、その他の施設で所定の課程・科目を履修し卒業する。

または保育士試験に合格する。

 

■要するに、保育士の資格が取得できる大学、短大、専門学校を卒業すればなれる。

■資格の取得できない大学であっても卒業の後、保育士試験を合格すればなれる。

 

20代との事ですから、大学で資格を取得して保育士になったのかな?と想像しました。

年齢が若い分、兄弟が多いとか親が保育士で本当の保育環境を知っているなど、余程の思いがなければ現実とのギャップに苛立つでしょう。

 

スポンサーリンク

他の園でも・・・

私事になりますが、子供が4歳のときの出来事。

私立の幼稚園に通っていました。

お迎えの時間より早くに着いたので門の外で待っていました。

4歳女児が手洗い場で何やらしており、先生が急かしているようでした。

 

そして、、、突然先生がキレました。

 

大変評判の良い就任先生が、絶叫に近い怒鳴り声を上げながら女児の頬をビンタしたのです。

その後、お尻を思いっきり叩いていました。

 

すぐに開門の時間になり、私は心の整理が付かないまま呆然としながら園の中に入りました・・・

5分前にキレまくっていた先生は、私を見つけると満面の笑みで『こんにちは~~』と挨拶されました。

 

私は先生に

『一部始終を見た。子供の心が心配だから親にしてしまった事を伝えたほうが良い』

と伝えると、涙ぐみながら謝罪。

 

その後、女児の保護者にどの様に説明を受けたかを聞くと、『お尻をペチンとしたと聞いた』と聞かされ私は唖然としました・・・

 

子育ては親でもイラッとしますから、気持ちが全く分からないわけではありませんが頬をビンタとか子供を放り投げるとか、いくら感情的になっても親でもしません。

上手く説明できない子供に対し塀の中で何が行われているか、分かったもんじゃありません。

保育士同士が監視しあう体制づくりや、もっと園をオープンに開放していくなど二度と起こらないように対策を考えて頂きたいと心から思います。

 

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

 - ニュースいろいろ, 事件