柿元愛里の顔画像~寝屋川の監禁部屋が恐怖~両親は鬼畜?それとも・・・

SHARE

柿元愛里の顔画像~寝屋川の監禁部屋が恐怖~両親は鬼畜?それとも・・・

大阪府寝屋川市の自宅で33歳の若さで凍死した柿本愛里さん。

精神病を理由に、16年間に渡り両親に監禁された少女の最期は、あまりにも寂しい亡くなり方でした・・・

柿本愛里さんの顔画像監禁部屋の再現画像あります。

 

報道内容

大阪市寝屋川市の自宅で、長女の柿元愛里さん(33)が、凍死しているのが発見されました。

柿元愛里さんは、16歳くらいから精神疾患があり、両親は、自宅の一室に隔離し監視していたと言います。

そして、2017年12月18日、朝。

愛里さんが布団の中で、動かなくなっているのを両親が発見します。

しかし、【娘と一緒に居たかった】を理由に、自宅に亡骸を放置。

 

23日未明に、父親が警察に自首⏬

『病気療養していた娘が死んでいるようだ』

 

【娘と一緒に居たかった】などと聞くと、愛情があったのかと思いますが、愛里さんが、監禁されていた環境を知ると、余りにも劣悪で、この両親のした事は殺人に値すると感じました。

 

両親と家族について

■父親:柿元泰孝(55)ガラス工場の社員

■母親:柿元由加里(53)

■次女:氏名、年齢不明

 

住 所

大阪府寝屋川市秦町

1995年に現住所に転居。

■自宅を囲うように2m位の塀が張り巡らされている。

■周囲の目を気にしてか、家の周りに防犯カメラが計5機設置

 

柿元愛里さんについて

愛里さんは小学5年生の時に、家族4人でこの家に転居してきます。

地元の小学校に通い、飼育委員をしていたようです。

そして小学6年生で精神疾患と医療機関で診断され、その頃から学校へは通っていなかったといいます。

 

発見時の柿元愛里さんについて

33歳にして

身長145cm

体重19kg・・・

(5歳児の平均体重)

駆けつけた隊員も『異常な細さだった』と証言しています。

死因は低栄養状態による凍死で、胃の中は空っぽだったとの事。

 

精神疾患について

両親の供述によると⏬

『長女が精神疾患で暴れる為、17年ほどプレハブに監禁していた』

と、耳を疑うような説明です。

しかし、柿元さんは寝屋川市の福祉部門に要支援対象者として把握されておらず、ケースワーカーの支援を受けていません。

両親が、行政とのかかわりを避けていたと思われます。

 

監禁状況と部屋が異常・・・

監禁部屋について

■敷地内に設置された、わずか2畳のプレハブ小屋。

■室内には簡易トイレが置かれていますが、顔の横にトイレがあり強烈な臭いがあったと思われます。

※プレハブ小屋を再現したもの⏬

■プレハブ小屋は外から鍵が三重に閉められていた。

■温度管理の為か、クーラーの通風管のような物を小屋に引き込んでいる。

■暖房器具は無し。

 

監禁状況について

食事は一日一回。

■水はプレハブ内に垂れ下がったチューブから与えられる。

■両親との会話は室内に設置されたインターホンで行う。

 

近所の評判

空き家だと思っていた。

■愛里さんを一度も見たことがない。

■倉庫だと思っていた。

■人の気配がなかった。

 

小学校の同級生の話

小学6年生の3学期から登校しなくなった、愛里さんの同級生が語ってくれています⏬

■いつも同じ服を着ていた。

■美容室に多分行っていないだろうなという髪型だった。

悲しそうな顔だった。

■腕や足の部分がアザっぽくなっていたから理由を聞くと、犬に噛まれたと言っていたが、噛み痕というよりもアザっぽく見えた。

■アザは腕と足と10個以上あった。

精神疾患では全然なかった。

優しくていい子で、言葉遣いもちゃんとしていた。

■暴れるような事は全然なかった。

 

どういう事なのでしょうか・・・

両親の言い分を聞いていると、暴れてどうしようもなく監禁に至ったかのように感じますが、同級生の話を聞いていると疑問が生まれます。

 

母親は、『娘かわいさの余り、もう少し待って・・・もう少しまって・・・』とお願いし、自首が遅れたといいますが、行ってきた劣悪な監禁状況を考えると違和感を感じます。

 

精神疾患の娘が暴れ苦労された事は想像がつきます。

しかし世間体を気にしてか、そんな娘を隠したという事でしょう。

沢山の手段方法があったのに・・・

娘さんの最期があまりにも寂しすぎますね・・・

 

13 Comments

しまりす

正直、本当に娘には精神疾患があったのかと疑問に思います。
ご近所の方のインタビューを見ていると、両親もなんだか?って感じの
方だったようですし、父親は短気でご近所の方とあまり付き合いが無かったようですし。
一日1回の食事で監禁状態なのに、娘と離れるのが寂しかったとか勝手な人だと思いました。
病院に入れてあげた方がずっと良かったのではないかと思います。
治療も受けさせてあげたのかも疑問ですよね。

返信する
Huku

しまりすさん
同級生の証言を追記しましたが、いよいよ怪しくなってきました・・・
『離れたくない』と言いながら、監禁状況が酷すぎますよね。
精神疾患があろうとなかろうと、狂っていると思いました。
コメント有難うございます。

返信する
東京人

大阪、寝屋川市
卑劣極まりない殺人事件が多すぎる
寝屋川市の行政、警察、住民
どうなっている?

返信する
Huku

東京人さん
確かに、寝屋川の事件が続いているような気がしますよね・・・
それも世間を震撼させるような恐ろしい事件が多いように思います。
被害に遭うのは子供ばかりですし、しっかりと対策をとって欲しいと強く願います。
コメント有難うございます。

返信する
サキ

俺も娘さんに本当に精神疾患などがあったのか疑問に感じる。
思うに,親が精神疾患とか言っているのは,なんらかの発達障害など
生れつきもつ経度の特性のことじゃあないのかと思う。
発達障害はには,アスペルガー症候群のように「精神遅滞」「身体障害」を伴わないものが発達障害と言われていて,社会性,社会的コミュニケーションの困難,狭い興味と反復行動などの三つ巴の障害をもっている。そしてうまくいかないことに焦りや落胆をつのらせ二次障害としてうつ病などの精神障害を引き起こすこともある。
最初はただの発達障害にすぎなかったのに,親がそのことを恥じ世間に知れることを恐れて幽閉した。そして『徐々に壊れ【幽閉した事により】精神疾患を発病した』という可能性もあるあるんじゃあないのか? 実際俺も発達障害だけど,それがわかったとき親から『やっぱり気狂いだったのか』っ言われたのを今も忘れないよ。今でも俺が発達障害者として養育手帳を使う事をやめるように言われる。『世間に知れたら私が恥をかくだろう』っていう理由でね。もしかしたらおれも監禁されていたかもしれない。
部屋の再現見たけど,女の子でも17歳ならなんとしてでも脱出できたんじゃあないか?
助けを呼ぶことは出来なかったのか? そう思わずにはいられないね。
彼女の16年。5840日。140160時間一体どんなに苛酷なものだったんだろう。
俺には想像も付かない……….心からのご冥福をお祈り致します。

返信する
Huku

サキさん
ご自身の経験に基づいたコメントに深く感謝致します。
私も精神疾患というよりも、愛里さんの持つ『特性』だったのでは?と疑問に感じています。
16年前となると、今よりも発達障害などの知識も乏しく、両親が不必要にうろたえた可能性があります。
もしそうだったとしたら・・・彼女の苦痛を想像すると両親のした罪はそうとう重いですね・・・
コメント有難うございました。

返信する
hirorin

離れたくないは嘘に決まっている。今は少しでも自分達の罪を軽くすることしか考えていない鬼畜。義務教育で学校に通っていないにのに、学校や行政は何をしていたのか?
日本は親権が神権になっている。どんなに親が異常者でも、子供は親の側にいるのが一番なんて考えは捨てるべき。
どんどん他人の家庭にも介入して、声なき声をあげている子供たちを救わなければいけない。社会全体が変わるべき。彼らは他人の助けを待っているはず。家族が見方とは限らない、家族が敵のケースもあり得ることを皆が自覚しよう。

返信する
Huku

hirorinさん
本当に、小学6年生の3学期から学校に通っていなかったというのに、行政は機能していないのでしょうか。
『親の側にいるのが一番なんて考えは捨てるべき』
『彼らは他人の助けを待っているはず』
響きました・・・コメント有難うございます。

返信する
匿名

両親がキチガイ案件でしょ?バブル時代にガラス工員なんて、そんな暴力的な奴らしかならなかったのが現実だ

あとこういうの、意外にIKEAの客によくいるよ

返信する
トンコ

両親は本当に娘さんことを想うならいつでも役所や病院に一言でも言えたはずだよ。カメラ買うお金があるなら施設いれてあげてほしかった。体裁より命だよ。仕事で利用者さんお世話してみてると嬉しそう笑ってくれる。この親は監禁してみないふりするなら施設いれて会わない愛のほうがお互いによかったのにな

返信する
Huku

トンコさん
私も何故施設に入れなかったのか?と不思議でなりません。
本当に精神的だったのかも疑わしいですね。
両親も閉鎖的な生活を送っていたようですが、夫婦間で、いつからどの様に正確な判断ができなくなったのか経緯をしりたいです。
コメント有難うございます。

返信する
Huku

トモさん
本当に、残忍な事件が多く滅入りますね・・・
コメント有難うございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です