筒井麻衣のFacebookが複数!交際相手・松本匠吾の顔画像が鬼!~コメント炎上~

筒井麻衣、Facebook、複数、同性相手、コメント

SHARE

筒井麻衣のFacebookが複数!交際相手・松本匠吾の顔画像が鬼!~コメント炎上~

また虐待です。

十代の若い母かと思いきや26歳で立派な大人ですよ。

二人の子供の傷跡は生々しく、日頃の暴力の凄まじさが分かります。

母親・筒井麻衣Facebookアカウント複数判明しており、内面の幼さがよく分かります。

 

スポンサーリンク

事件内容

母親の暴行により、4歳の長男が帰らぬ人となりました。

暴行を加えたのは以下の通りです⏬

■母親:筒井麻衣(26)無職

 

■交際相手:松本匠吾(24)無職

 

■知人:大倉敏弥(20)無職

 

筒井麻衣について

年齢:26歳

住所:大阪市箕面市粟生間谷(あおまたに)西2丁目UR都市機構箕面粟生第3団地の一室

交際:シングルマザー、交際相手は松本匠吾

子供:長男・歩夢くん(4)、次男(2)

 

事件当夜の時系列

逮捕された松本匠吾と大倉敏弥は11月半ばから筒井麻衣の家で同居するようになりました。

筒井麻衣の長男:歩夢くん(4)と、2歳の次男と共に5人の奇妙な共同生活がスタートし、事件のあった12月24日を迎えます。

世間はクリスマスで幸せな空気が漂い、子供たちがワクワクする日です。

 

24日深夜~25日未明にかけて、

3人の大人達の前で、歩夢くんは腹部を殴る蹴るなどの暴行を受け、この世を去ります。

歩夢くんの目の周りや腹に強く殴打されたあざがあり、司法解剖の結果は外傷性腹内出血でした・・・

 

3人の供述

松本匠吾(24)と大倉敏弥(20)・・・暴行を認める。

『しつけで素手で殴った。もしかしたら死ぬかも知れないと思った。』

 

筒井麻衣(26)・・・暴行を否認。

(今回の事件では)私は暴力を振るっていない。』

そして、2歳の弟にもアザができています。

筒井麻衣の証言によると、

松本容疑者と大倉容疑者が教育だとして、日常的に息子二人に暴力を振るっていたというのです。

そして今回の暴行については、『いつもよりきつかった』と供述・・・

 

スポンサーリンク

児相に通報あり

1度目の通報

筒井麻衣は2016年5月~6月

池田市に住んでおり、その頃に2回ネグレクトの疑いで通報を受けています。

その時、兄弟を一時保護し、親族の支援が得られるとして母親の元に帰しています。

 

2度目の通報

そして現在の住所、箕面市に転居した後の1月にも『子供の泣き声や母親の怒る声がする』通報が入ります。

職員が自宅を訪ねるも、『一定の改善がみられた』として主な対応を箕面市に委ねたといいます。

 

3度めの通報

5月に兄弟で保育所に入るのですが、

7月ごろには、兄弟が風呂に入らずあまり服も着替えていないと気付き、家庭訪問が始まります。

さらに、11月中旬から兄弟が姿を見せなくなり、12月上旬に職員が面会すると、弟の頬にアザがあり、『階段から落ちた』と説明。

弟、本人も『階段から落ちた』と話したと言います。

 

スポンサーリンク

筒井麻衣のFacebook

筒井麻衣のFacebookを調べたところ、アカウントを複数発見しました。

 

⇒筒井麻衣のFacebook:1

コメント炎上中⏬

⇒筒井麻衣のFacebook:2

⇒筒井麻衣のFacebook:3

⇒筒井麻衣のFacebook:4

⇒筒井麻衣のFacebook:5

⇒筒井麻衣のFacebook:6

 

Facebookコメント欄一部掲載⏬

■どんなに痛い事されても辛くても…歩夢くんにとったら大好きなママだったはず…目の前で我が子が父親でもない男達に痛めつけられる姿に何も感じなかったのだろうか…。
ママである貴方に助けを求めたはず…私ならその男達を殺すね。私も二人の娘を育てるシングルマザーです…選ぶ相手を間違えたら犠牲になるのは子供達です。

■ありえへん。最低。子供とおんなじように殴られてて死ね

■母親だけが否認ってどゆこと?おまえね、まさかのまさか自分の刑期の長短気にしてる?まさかね。おまえ出所してきておまえ自身が殺されんようにね。

 

2014年2月8日⏬

精神的に参って自傷行為でもしてしまったのでしょうか?

こんな事をSNSで発信するなんて、同情を買いたいだけのように感じます。

 

2014年2月13日⏬

同類と揉めたのでしょうか?

感情をSNSでぶちまけるのが得意な方です。

 

2015年12月28日⏬

好きな男ができたのでしょうね・・・

 

2016年2月4日⏬

歩夢くんの左手の怪我はどうしたのでしょうか?

この時に引き離せていたら・・・

しかし、この写真をよくプロフィール画像に設定したなと驚きます。

 

2017年10月⏬

亡くなる2ヶ月前の投稿写真です・・・

とっても可愛い。虐待を受けていただろうけど、お母さんの事が大好きだったはず・・・

 

たかだか1ヶ月前に同棲した20代前半の男に我が子のしつけを任せるアホがどこにいますか?

その男らしきアカウントも発見しました。

 

まだ確定ではありませんが、筒井麻衣のFacebookの友達の中に入っていました⏬

⇒松本しょうごのFacebook

恋愛をするなとは言いません。

しかし子供を産んだからには、1番が子供。2番が男。

こんな事になる前に助け出す事はできなかったのでしょうか・・・

ご冥福をお祈りいたします。

スポンサーリンク

9 Comments

しまりす

無職って・・・
健康な20代が無職ってどういう事?って思ってしまいます。
親族からの支援が受けられるって、本当に?!って思います。
アメリカのように問答無用で保護できるようになった方が良いですよね・・・。

返信する
Huku

しまりすさん
私も全く同じ事を思っていました。
男にも子供にも依存し、全く自立できていない女が母親になると、犠牲になるのは子供ですよね。
周りの大人がどうにかするしか方法はなかったのに・・・本当に可哀想です。
コメント有難うございます。

返信する
通りすがり

大津のイジメ事件、サカキバラ事件、綾瀬女子高生コンクリート詰めサツジン事件で
まったく関係ない人が疑われた
サカキバラ事件ではメガネかけた蜂に刺されたような団子鼻の同姓同名者が未だに疑われてる。

犯人らしきフェイスブックに誹謗中傷コメント書いてる偽善者は、フェイスブックの規定でフェイスブック凍結させられる可能性あり。
ちなみに私は犯人たちとは連絡とったことも会ったこともない第三者。

返信する
ホムサ

東大法学部卒で元検事の山尾志桜里でさえも、小学生の子供を放置して週四回も愛人とホテルで不倫を繰り返してましたね。
既婚女が若い男の肉体に溺れるのは、学歴とか肩書き関係なく、良くあることなんでしょうね。
亡くなった子供は気の毒ですが、生きていてもこのまま地獄の日々が続いてたんでしょう。
せめて次男は幸せになって欲しいと思います。

返信する
Huku

ホムサさん
確かに、恋するとは【狂う】ということかも知れませんね。
残された次男くん、本当に幸せになって欲しいと思います。
コメント有難うございました。

返信する
ちな

左手のは怪我ではなく入院中の点滴ではないですかね・・・後ろの柵やカーテンの様子から入院中に撮ったものだと思いますよ。そう考えると、体調崩した時にはちゃんと病院に連れていくような母親だったのでしょう・・・昔は。

返信する
Huku

ちなさん
確かに子供の場合、長期で点滴をする時ガッチリ固定されますね。
昔は優しいお母さんだった・・・そう思いたいです。
コメント有難うございます。

返信する
かつをぶし

筒井容疑者自身も家庭環境に恵まれなかったのかなと思う節はある。
だからと言って、
「あなたの生い立ちが辛かったからあなたもわが子にこんな仕打ちをしたのね。分かるわ。」
なんて庇う人はいない。子供を産む決意をした以上、そんな自分自身の擁護なんてしてられない。

二十歳までしっかり育てられる覚悟がないなら、産まないでほしい。
まるでわが子を、「オトコを引きとめるための道具」として産んだんじゃないかと思える。

返信する
Huku

かつおぶしさん
おっしゃる全ての言葉が筒井麻衣の心に刺さると思います。
特に、『オトコを引き止めるための道具』は彼女の生き方そのものですね。
コメント有難うございます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です