宮下裕介の家族は米屋?Facebook特定か?催涙スプレーの後遺症まとめ~

   

和歌山県田辺市で起こった卑劣な事件。

女児に催涙スプレーをかけ重傷を負わせた犯人が、捕まりました。

名前は宮下裕介

Facebook職業家族についても判明しました。

 

スポンサーリンク

事件の詳細

事件の詳細は別記事にまとめているのでこちらをどうぞ⏬

⇒和歌山【女児にスプレー】使用された液体は何?傷は治る?犯人について~

2017年12月19日、午後15時に起こった事件ですが、半日かからず逮捕に至りました。

 

女児の容態

女児は『痛い痛い』と訴えながら民家で顔を拭かせてもらうなどの手当を受けるのですが、顔は真っ赤になっていたとの事です。

女児は顔に炎症が起き、全治3ヶ月の重傷です・・・

 

催涙スプレーによる後遺症

催涙スプレーの種類が気になるところですが、

一般的な催涙スプレーでも成人男性を数十分動きを封じることが可能です。

その他にも威力が強力と謳っている品や、大型動物(熊など)に使用する品もあります。

 

仮に一般的な催涙スプレーでも目に入り、視力が落ちたと訴えるコメントも見ました。

またアレルギーを起こす可能性もあるとの事。

 

全治3ヶ月とは重い症状ですが、子供の皮膚は薄く弱いため炎症が強く出ているのかも知れませんね。

 

卑劣かつ悪質なこの事件、許せませんね。

自分より弱い幼い女の子を狙うとは、劣等感の塊の変質者であることは間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

宮下裕介容疑者

犯人はメガネをかけていた・・・

事件の目撃者は、被害にあった女児だけでした。

小学3年生の被害女児の供述だけですが、事件が県道で起こっていた事もあり、車の特定は難しくなかったのではないかと想像しました。

 

宮下裕介容疑者

宮下裕介容疑者について分かることをまとめます⏬

年 齢:20歳

職 業:田辺市役所の臨時職員(田辺市建設部管理課)

田辺市役所の発表⏬

宮下裕介は、勤務態度は真面目で、大人しいタイプ

事件のあった日は休暇を取っており、休暇届は前日に出されたそうです。

⇒田辺市役所ホームページ

⇒宮下裕介Facebook

 

家族実家について

テレビ取材班が宮下裕介容疑者の実家に押しかけるのですが、カメラに映る実家に家族の職業などが判明します。

 

宮下裕介容疑者の自宅の横に米屋が映っておりますが、これが家業かと思われます。


市役所勤務とは、何かしらのコネがあったのでは?と疑ってしまいます。

20歳で一応成人男性ですが、中身は幼稚で責任感のかけらもない人物でしょう。

宮下裕介にとって、車も催涙スプレーも【おもちゃ】に過ぎないのでは?

実家の家族は、宮下裕介の危険性を感じていなかったのでしょうか?

新情報が分かり次第追記します。

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

 - ニュースいろいろ, 事件