富岡長子様子供は?【富岡八幡宮の土地相続!】富永茂永の動機は金銭トラブルか?

      2017/12/10

富岡八幡宮の宮司・富岡長子さんが、弟・茂永さんに日本刀で切りつけられ帰らぬ人となりました。

由緒ある神社の宮司が被害に遭い、犯人が弟とはショッキングです。

ここでは富岡八幡宮の土地の相続の問題についてまとめます。

⇒富岡茂永の息子は【富岡ウルフ】パチンコ神社のYouTuberなの!?

⇒富岡長子のブログが意味深過ぎる

スポンサーリンク

土地の相続についてトラブル?

2015年1月の【週間実話】で富岡長子さんについての掲載がありました。

富岡八幡宮の先代宮司は富岡興永氏といいます。

そして富岡興永氏には3人の子供がおります。長女/長子、長男/茂永、次女)

先代宮司は、自分が勤務していた宗教法人富岡八幡宮の借地権(土地の一部)

約120坪を富岡八幡宮より搾取し、

長女である富岡長子氏とその妹に相続させていた事が、茂永氏の告発により判明したのですが、詳しく見ていきましょう⏬

 

■先代・富岡興永氏は自分には所有している不動産も何も財産がないという虚偽の合意文書なるものを、禰宜(宮司を補佐役)に捏造させる。

 

■そして富岡家は非常に貧しいと印象づける合意書を、禰宜に持たせ神社本庁4人の責任役員の自宅を訪問させる。

 

■事情をよく知らない責任役員から署名捺印を得ることに成功する。

 

■合意文書の内容には当初、富岡八幡宮の借地権100坪となっていたが、不思議な事に、いつの間にか120坪の契約に変わっている。

 

■120坪の借地権は姉・直子氏と妹に相続される。

 

■これは神社の私物化ではないかと問題になっています。

 

その後、富岡長子さんが富岡八幡宮の敷地内に神社本庁の申請や許可を取らずに400平米の豪邸を建設。

 

その額1億2千万相当だというから驚きです。

 

社宅という名目ですが、神社の関係者は誰一人住んでおらず長子氏の一人暮らしだそうです・・・

 

スポンサーリンク

天皇陛下を冒とくした富岡八幡宮の女宮司

さらに、富岡長子さんが【天皇陛下を冒とく】しているとする、聞き捨てならないタイトルがつけられている記事もあります。

 

富岡長子氏は、代理宮司の期間であったにも関わらず、

天皇陛下が富岡八幡宮を称えて設置した記念碑に富岡長子さんが宮司として名前が刻まれ、【肩書詐称と天皇陛下を冒涜した】として記事になった過去があります。

⇒富岡長子のブログが意味深過ぎる

スポンサーリンク

茂永氏の息子と裁判沙汰

更に、茂永氏との確執は他にもあります。

時系列で、富岡家の歴史を簡単にまとめます⏬

1995年:宮司である父から後継者として、長男・茂永氏が宮司となる。

2001年:茂永容疑者は、父親の後を継ぎ宮司をしていたが辞める。

2006年:茂永容疑者が長子さんへ脅迫文を送り逮捕。

脅迫文の内容⏬

必ず今年中に決着をつける

覚悟しておけ

積年の恨みで地獄へ送る

2010年:父親が宮司を退任し、長子氏が宮司になるよう神社本庁から

具申されるも、長年、長子氏が代理宮司として務める。

 

この間、富岡八幡宮で神職についていた茂永の息子を解雇

息子は不当解雇として裁判を起こすも、敗訴。

 

2017年:長子氏が正式に宮司に就任。神社本庁からは離脱。

富永茂永が宮司を辞めた理由

茂永氏が宮司を辞めた理由はずばり女癖と浪費癖

1回目の結婚・・・

子供を二人授かるも、フィリピンクラブ通いで離婚。

2回目の結婚・・・

銀座や錦糸町のクラブでホステスを愛人にして離婚。

財産分与で500万の損害賠償請求をされる。

3回目の結婚・・・

離婚原因となった愛人と結婚。

共に犯行を起こした人物。

 

このような理由で宮司を辞する事となるのですね・・・

退職金は3億というから驚きです。

さらに毎月30万の年金も入るそうですよ・・・

それでも『お金がない』と言っていたらしく、相当な浪費家です。

賽銭箱からお金を拝借することもあったと言うから罰当たりです。

 

そして今回の事件・・・

直子氏も茂永氏も過去に問題があり、根深い家族間の恨みつらみを垣間見ました・・・

直子氏には結婚の情報は無く、もちろん子供も居ないと思われます。

今や後継者は妹のみ・・・

新しい情報が出次第、追記します。

⇒富岡茂永の息子は【富岡ウルフ】パチンコ神社のYouTuberなの!?

⇒富岡長子のブログが意味深過ぎる

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ, 事件