NHK受信料【裁判結果】最高裁の寺田逸郎氏がTwitterで話題!顔画像あり~

   

NHK受信料について、まさかの裁判結果が出ました(T_T)

受信料を支払わない!と訴えを起こしていた男性(60)に、最高裁が受信料の支払を義務付けるのは合憲と初めての判断をしめしました。

この判決を下した裁判官・寺田逸郎氏に対し、ネット上では批判の嵐です。

スポンサーリンク

報道内容

訴えを起こすまでの流れをまとめます⏬

平成18年3月:訴えを起こした男性がテレビを設置。

平成23年9月:NHKが申込書を送るが契約は結ばなかった。

NHKが契約締結や受信料の支払を求める訴えを起こします。

 

NHK側の主張

放送法64条1項は

「受信設備を設置した者は、NHKと受信についての契約をしなければならない」

と規定している。

 

男性側の主張

■放送法の規定は「契約締結への努力義務を定めたにすぎない

■契約義務を規定しているとすれば「契約の自由」を保障する憲法に違反する。

『偏った放送内容に不満がある』ため、受信契約を拒否している。

 

NHKは『受信料制度が憲法に違反しないことは明らか』と反論していました。

 

争 点

①受信料制度が憲法に違反しておらず、合憲か否か。

②契約を拒む人との受信契約はどの時点で成立するのか?

③受信料をいつまで遡って支払う義務があるのか?

 

驚きの裁判結果!

最高裁の結果は、受信料制度は合憲と初判断を示しました。

これにより、男性にテレビ設置以降の全期間の受信料支払いを命じる!!

その額、20万円(´゚д゚`)

スポンサーリンク

裁判官・寺田逸郎氏が話題

この判決をした寺田逸郎氏がネットで話題です。

寺田逸郎(てらだいつろう)

生年月日:1948年1月9日(69)

出 生 地 :京都府京都市

出 身 校 :東京大学法学部

父親も最高裁の長官、父方の祖父も裁判官の家系。

 

この結果に納得行かない人は判決出した裁判官に国民審査で×を付けたら良い!!なんて投稿もありましたが・・・

しかし、寺田逸郎裁判官の任命期間は以下の通り⏬

任命年月日:2010年12月27日

退官予定日:2018年1月8日

 

・・・・・という訳で、もうすぐ退官されます( TДT)

これは出来レースだったようですね。。。

ネットの反応

意外と支払を拒否していた方も多いのでは?

拒否権がないなら面倒くさいから、テレビ買った時に自動的に契約するようにすればいいのに。

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ