小野寺朝子の経歴と余罪~原田一弥とロイヤルフーズで60億円の詐欺!

   

ロイヤルフーズの原田一弥さんと、小野寺朝子(旧姓・原田朝子)さんが60億円の詐欺により逮捕されました。

小野寺朝子さんは原田朝子でしたが、逮捕歴があり名が知れ渡った事から離婚し旧姓に戻したのでしょうか・・・

怪しい匂いがプンプンする小野寺朝子についての経歴、逮捕歴などまとめます!

⇒小野寺朝子が貢いだ男はフォーリーブスの江木俊夫!

スポンサーリンク

報道内容

2017年11月15日。

【ロイヤルフーズ】の社長・原田一弥(63)と元妻の小野寺朝子(68)は、

2013年~2014年の間に、高齢者など8人にワインの販売事業などへの投資を呼びかけ、約1億8000万円を騙し取った疑いが持たれています。

高齢者から騙し取った、多額の現金は総額60億円というから驚きです!

 

詐欺の手段

高齢者を相手に有名演歌歌手を招いたショーで集客し、新規事業への投資を呼びかけます。

謳い文句は『銀行に預けるより得・・・』

 

約10年間で60億円以上を騙し取ったとされています。

被害者の声

被害者女性の言葉です⏬

お金を借りて返済すると何度も手紙が来たが、作り話。

罪は償ってもらいたい。

 

原田容疑者は6年前に弁護士から違法だと聞いていたそうです。

しかし、既に自転車操業になっていた為、お金を集める事を止められなかったと供述しています・・・

 

原田夫婦は、過去にも同様の詐欺行為を行っており、その時の被害総額は400万。

逮捕され懲りたと思いきや、より大きな詐欺を働くとは全く反省していなかったのですね・・・

過去の逮捕歴については下記に詳細あり。

小野寺朝子(旧姓・原田朝子)について

会 社:日本・愛福株式会社

役 職:代表取締役

出 身:東京生まれ

経 歴

自身の会社は愛福株式会社といい、化粧品会社の代表を務める傍ら、

夫・原田一弥氏の経営する健康食品会社【ロイヤルフーズ】の役員を兼務。

自身の会社【愛福株式会社】では、自然派化粧品等の企画、販売に携わっています。

さらに、旅行会社、ゴルフウェア、芸能イベントプロデュース、、、、

何と、作詞家としてもデビューしているらしく、胡散臭さ満載ですww

 

最悪な事に、小野寺朝子は男に貢いで会社をダメにした噂も⏬

⇒小野寺朝子が貢いだ男はフォーリーブスの江木俊夫!

スポンサーリンク

小野寺朝子と原田一弥の逮捕歴

調べてみますと、原田一弥と小野寺朝子は過去にも同様の詐欺行為を働いています!

 

放射能不安を利用した詐欺

2007年:夫・原田一弥と共に化粧品・健康食品会社【エイ・ツー・ゼット】を立ち上げます。

 

2011年の福島第一原発事故に便乗して、医薬品の承認を受けていない食品を

『放射能に効く!』

というふれこみで販売し、薬事法違反で逮捕されました。

 

販売した品はヨウ素を含む液体

『ナチュラルハーブ ミネラルエッセンス』1本100グラム

\10500!!

 

『ヨウ素を服用すると放射線が尿で体外に放出されやすくなり、内部被曝を抑える効果が期待できる』

という内容で、ダイレクトメールで販売。

実際にヨウ素は入っていたのですが、効能については科学的に検証されておらず、未承認だったのです。

 

さらに悪どい事に⏬

原田容疑者らが作成したチラシには医師のコメントが勝手に使用されており、コメントを使われた医師は

『こんな事を言った覚えはない。

そもそも、このミネラルエッセンスなんて知らないし、

インタビューを受けたこともなく、全く無断です。

とご立腹。

結局、2011年3月24日~4月8日間で、

全国約200人に440本を販売し、

総額400万円の売上があったとみられています。

 

更に更に悪どい事に⏬

『売上の5%を東日本大震災の義援金として寄付する』との記載があったのですが、もちろん寄付せず。

原田容疑者は容疑を認めており、このように語っています⏬

「効能は不明だが、ヨウ素が入っているので、事故の不安に便乗して売れると思った。

健康不安に便乗して、低迷する売り上げを増やしたいと思った。

科学的根拠はありません。

 

過去の過ちから学んだのは、次はもっと上手く出来る!

って事だったのでしょうね・・・

今回は60億円と被害額が莫大なので、簡単には出てこれないでしょう。

出てきた時には70歳を超えていますね。

さらに、男に貢いで会社をダメにした噂もあります⏬

⇒小野寺朝子が貢いだ男はフォーリーブスの江木俊夫!

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ, 事件