【在間亮平】家族・母親は人質か?職業・精神疾患や病気は?近所の評判や噂まとめ~

   

松山市鴨川で白昼堂々行われたカーチェイス。

犯人の名は座間亮平(ざいまりょうへい)。母親を後部座席に載せての逃走劇でした。

この狂った男の近所の評判や職業についてまとめます。

 

スポンサーリンク

報道内容

2017年11月13日 午後2時頃。

愛媛県松山市内で、在間亮平が運転する車が事故が起こします。

事故を後、警官の制止を振り切って逃走。

信号を無視し、反対車線や商店街を暴走して、約1時間に渡りカーチェイスを繰り広げました。

 

驚くことに、この危険な暴走車の後部座席には座間亮平の実母が乗っていたとのこと・・・

母親は人質のような扱いだったのでしょうか?

自転車に乗っていた60代女性と接触し、奇跡的にも被害者はお一人に留まりました。

60代女性は頭部打撲などの軽傷です。

 

在間亮平(ざいまりょうへい)

年齢:41歳

職業:会社員(タオル製造関係)

在間容疑者は、事故を起こし暴走に発展した理由の一つとして

『取り調べを受けると免許を剥奪され、仕事ができなくなる』

と話している事から、車が必要な職業についているのは間違いありません。

そして、毎日車で出勤しているとも近所の方の証言もあります。

 

動機はなに?

『いろいろなストレスがあり、自暴自棄になり、むちゃな運転をした』

と供述しているらしく、闇がありそうです。

仕事のストレスか?

母親(65)の介護などがあったのでしょうか?

 

※その後の供述で仕事でのストレスがあり、数日寝ていなかった事が分かりました。

スポンサーリンク

近所の評判

近隣住民がみな、口を揃えて話すのは

『大人しい人よ~・・・』

■挨拶したら会釈で返してくれる。

■母親と二人暮らし。

■仕事の行き帰りか、車で出入りするのを見るだけ。

 

大人しい人程、悩みを相談せず爆発した時には手がつけられない事がありますね・・・

今のところ、精神疾患や病気の情報は入っていませんが、自分でも知らない内に心を病んでいたのでしょう。

相談できる人間さえいれば回避できたように思います。

 

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ