【座間・白石隆浩】被害者9人全員の身元・名前・顔画像~生い立ちと家族構成まで判明~

      2017/11/11

座間、白石隆浩、被害者、9人、全員、顔画像、身元、生い立ち、家族構成

座間・白石隆浩の被害者9人全員の身元が判明しました。

それぞれの顔写真、名前、家族構成、家庭環境や生い立ちなどが『週刊新潮』に記載がありました。

まとめます。

⇒白石隆浩【臓器提供と人身売買】スカウト仲間の証言で真実が明らかに~

⇒白石隆浩の生い立ち【家族構成】母と妹の存在と父親との関係~幼少期と学生時代の画像あり~

スポンサーリンク

9人の名前と年齢

1:群馬県:石原紅葉(くれは)さん(高校1年15歳)

2:さいたま市:久保夏海(なつみ)さん(高校2年17歳)

3:福島県:須田あかりさん(高校3年17歳)

4:埼玉県所沢市:更科(さらしな)日菜子さん(大学2年19歳)

5:埼玉県春日部市:藤間仁美さん(26)

6:東京都八王子市:田村愛子さん(23)

7:横浜市:丸山一美さん(25)

8:神奈川県厚木市:三浦瑞季さん(21)

9:神奈川県横須賀市:西中匠吾(しょうご)さん(20)

一人ひとりの家庭環境や生い立ちについてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

石原紅葉(いしはらくれは)さんについて

石原紅葉さんの出身地は群馬県邑楽(おうら)郡。

そこは、ブラジルやペルー出身の日系人が大勢集まる場所で、石原紅葉さんは、その町の高校に通う15歳の少女でした。

9人のうち最年少の被害者となりました。

石原紅葉さんの性格について

紅葉さんについて、学校の友人が語ります⏬

■とても大人しく、自分からガツガツ行くような子ではなかった。

■でもお人好しだった・・・

■他人にも優しく素直な子だった。

小説が好きで学校の休み時間は本を読んでいた。

自分から遠出をするようなタイプではない。

 

石原紅葉さんの生い立ち

中学時代は成績優秀で、地域でトップの女子高に進学できたのですが、芸術家のある高校に進学。

母方の伯母が漫画家だそうで、その影響かもしれません。

 

清掃センターで働く父親と、アウトレットショップに勤める母親の一人娘として生まれ、本当に可愛がられていたようです。

車のナンバーには紅葉さんの名前にちなんだ数字が選ばれています・・・

 

姿を消したのは2017年8月28日。

100キロ離れた小田急線片瀬江ノ島駅の改札を出たのを最後に足取りが途絶えています。

 

石原紅葉さんは行方が分からなくなったその日は二学期の始業式でした。

彼女は朝、母親に転車の鍵が無くなった』と訴えたそうです。

母親は車で送っていくと伝えると、しばらくして『あった』と返事が帰ってきました。

両親は、今から考えると

『もしかしたらその日、学校に行くのが嫌であんなことをいい出したのか・・・』

と考えているそうです。

 

石原紅葉さんの謎

行方不明になるようなタイプではなかった石原紅葉ですが、

江ノ島から座間市のアパートまでの距離はおよそ30km

行方が分からなくなった8月28日の始業式の朝もツイッター投稿をしています。

『休むんだったらなんであんな必死に課題やったのワイ。』

この事から、始業式は休んだものの課題はしっかりこなしていた事が分かります・・・

学校でイジメなどは確認されておらず、家庭でも問題は見当たらず、なぜ白石と接点を持ったのか、現段階では失踪の理由は見つかっておりません。

スポンサーリンク

次のページへ続きます。

高校2年生、さいたま市の久保夏海(なつみ)さんについて書いております⏬

ページ: 1 2 3

 - ニュースいろいろ, 事件