白石隆浩・出演ドラマは何?~母と妹の現在・父親は姿をくらました・・・

   

白石隆浩の父親、母親と妹について、また生い立ちについて週刊新潮に詳しく掲載されていました。

そこに、なぜ彼がこのような人格になったのか、ヒントが隠されているかもしれません。

まとめます。

 

スポンサーリンク

白石隆浩の家庭環境

1990年10月に白石隆浩はこの世に生まれます。

その4年後、妹が誕生し、

その翌年に一家は新居を構えます。

白石容疑者の実家は、事件のあったアパートから車で10分、2.5キロ離れた場所。

人も羨むような家庭環境であったと近所の方は口を揃えて話します。

 

父親について

父親は自動車の部品の設計を行い、メーカーに納品する仕事をしていました。

とても親切な方で、近所の方が病気になると御見舞いをしたり、

雨に濡れている人がいると傘を差し出し、『気にしないでいいから~』と、ハンカチで肩まで拭いてくれるような方だそうです・・・

 

母親について

母親はPTAの役員を務めており、

白石容疑者の友人は優しいお母さんだったと話しています。

 

妹について

4つ下の妹は『よく出来た』と白石の友人は語ります。

 

白石容疑者について

白石はスポーツも勉強も取り立てて出来たわけでなく、高校は偏差値50を切る神奈川県立商工高校。

総合すると、おそらくごくごく一般的な家庭だったのではないかと想像します。

 

父と母の離婚

それなりに幸せな生活を送っていたと思われる白石容疑者ですが、

高校1年から2年にかけて両親が離婚します。

表向きは

『娘が遠くの学校に通うようになりましてね。心配なので母親も付いていくことになりました。』

と話していたそうですが、娘が大人になっても奥さんが帰って来ないので、近所の方はおかしいと思っていたそうです。

 

やはり、両親は離婚していたのですね・・・

スポンサーリンク

母と妹の現在

母と妹は離婚後、

座間市から車で50分程の川崎市内のアパートで暮らしているそうです。

姓は【白石】のまま・・・

 

妹の年齢は24歳。

兄のした事は耳に入っているはずで、離婚したとは言え肩身の狭い思いをしていると想像します。

 

週刊新潮が母と妹の住む家に向い、インターホンを鳴らしたそうですが応答は無いとのこと。

そして父親も実家から姿をくらましている状況です。

このような凄惨な事件の場合、本人よりも家族の方が辛い人生が待っているものです。

宮崎勤事件のように最悪の結果にならなければ良いのですが・・・

 

過去にドラマ出演?

高校1年生の時は真面目に学校に通っていた白石隆浩容疑者ですが、

2年になるとホームセンターやスーパーでアルバイトを始め、授業をサボりがちになります。

 

学業と並行して週に3~5日もバイトを入れていれば身体もキツかったと思いますが、その頃の白石には目標があったようです⏬

バラバラになった家を出て一人暮らしをする。

 

そんな目標を掲げながらも、白石は生きている価値を見いだせず、自らの命を捨てようともしています。

その当時の友人が語ります⏬

練炭を使って集団で命に幕を閉じようとしたけど、その内の一人が恐怖を感じ取りやめとなってしまったそうです・・・

 

ドラマ出演の過去

自身の命を捨てようとしているくせに、芸能界には興味があったようで、高校3年生の時【芸能養成学校】に通っていたそうです。

 

そして日テレ系の連続ドラマのエキストラとして出演経験があったという驚きの過去が発覚しました。

 

ドラマタイトルまでは分かりませんが、

本人曰く『何千人の中で選ばれた』そうで、しかし実際映っていたのは後ろ姿がチラッとだけ・・・

 

その後の白石容疑者

その後の白石容疑者についてはすでにご存知の方が多いとは思いますが、新宿で大人の世界のスカウトマンをします。

 

最初の頃はとても評判が良く、『タカちゃん程優しいスカウトマンはいない』という女性がいるのに対して、逮捕直前のスカウトは別人のようです・・・

40日以上働いて給料が1円も払われない女性もいるのです。

白石が女性の給料を搾取していたのです。

 

その額200万円・・・

 

全て返済したうですが、この辺りから人生が大きく変わってきたように思います⏬

 

闇社会との繋がり

スカウトして店を紹介するまでは良いのですが、女性への金を中抜きしたり、会社を通さず個人で店に紹介するなどのルール違反を行うようになります。

 

結果2017年2月、売春に関与したとして懲役1年2ヶ月、執行猶予3年の判決が確定しています。

 

しかしその後、歌舞伎町に戻ったものの、反社会的勢力の団体から制裁を加えられボコボコにされるなどの経験もあり。

 

その後、新宿の経験から地元で個人的にスカウト業を再開するも、女性の欠勤などが多く、責任を問われ問題になっていたそうです。

 

地元の反社会的勢力からも『地元には地元のやり方があるから偉そうにするな。上納金を払え。』とここでもシメられる羽目に・・・

 

結局白石はこの団体の子分のような存在になるのです。

 

父親の実家に取り立てにきた?

週間Flashが取材をしていた11月2日未明。

白石容疑者の父親が住む実家に、1台の高級車が泊まり、中から出てきたのは歌舞伎町で白石が働いていた会社の経営者。

 

やってきた理由は・・・⏬

『店の女性が白石容疑者に500万円が入った通帳と印鑑を取られたため、取り返しに来た』

どうやら、その世界の人との関わりは間違いなくあたようですね・・・

ネットで噂されている臓器売買・・・

違うと思っていたのですが・・・分からなくなってきましたね・・・

 

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ, 事件