懐風館高校【黒染め強要教師とは】?金髪留学生も黒染めの驚愕校則!

   

学校って今だにこんな事やってるんですね・・

大阪府羽曳野市、懐風館高校が精神的苦痛を理由に女子高校生に訴えられました。

その額、約220万の損害賠償。

正直、この女子生徒凄いなと・・・しかし、教師のした事を聞いているとあまりにも酷すぎる!

 

スポンサーリンク

報道内容

訴えを起こしているのは、2015年4月に懐風館高に入学をした女子生徒。(現在は高校3年生)

学校から髪を黒く染めるよう強要されます。

度重なる【指導】により精神的に追い込まれ、女子生徒が損害賠償請求を行う訴えを大阪地方裁判所に対して起こしました。

本日2017年10月27日、初回の口頭弁論買いが開かれ、請求を受けた大阪府側は女子生徒側の請求を棄却したことが明らかになっています。

 

懐風館高校の教師がしたこと!

■度重なる染色で女子生徒の頭皮はかぶれ、髪がボロボロになる。

『母子家庭だから茶髪にしてるのか』と中傷。

■指導の際に過呼吸で倒れ救急車で運ばれた事もあった。

■茶髪を理由に、文化祭や修学旅行に参加させて貰えなかった!

 

許せないことですよね・・・

女生徒には悪い例えになりますが、100歩譲って本当に茶髪に染めていたとしても、これは行き過ぎた指導です。

ましてや、保護者から中学時代の話があったにも関わらず・・・意味が分かりません。

『中学時代に黒染めを強要されて嫌な思いをしたため、高校では同じ事がないよう配慮してほしい』と伝えていたというから驚きます。

しかし学校は生徒の入学後、1~2週間ごとに黒染を指導し、2年の2学期からは4日ごとに指導!

 

女生徒は昨年2016年9月、教師からトドメの言葉を言われます⏬

『黒染めしないなら学校に来る必要はない』

この日を境に女子生徒は登校しなくなったそうです・・・

 

学校側のウソ

女子生徒が登校しなくなったあと、学校は2017年4月の名簿から女生徒の名前を削除。

他の生徒や保護者には『退学した』と虚偽の説明をしたそうです(゚д゚)!

スポンサーリンク

学校側の言い分

学校側の驚愕の言い分です。

衝撃が強いので、心臓を叩いてお読み下さいm(_ _)m

 

『たとえ金髪の外国人留学生でも規則で黒染めさせることになる』

 

はっ!?

アホですか!?

 

 

アホなのですかーーーー??

 

⇒懐風館高校のホームページ

変更されるべき校則

こんなバカみたいな校則がまかり通って良いわけがありません。

ルールは必要ですが、持って生まれた個性より大事なものはないでしょう。

生まれつき人と違う部分は、人と同じにして登校しなさいという事ですね・・・学校って怖い。

 

地毛登録制度導入

地毛登録制度とは・・・

頭髪が生まれつき茶色い生徒に誤った指導をしないように、「地毛登録」と称する制度を導入すること。

この制度についても賛否両論ありますが、生徒自身を守る為にも一定のルールはあった方がよいのでは?と思います。

女子生徒の母親は、この地毛登録制度に申請したいと申し出たそうですが、懐風館高校は導入をしていなかったとのこと。

導入していないくせに普通の学校より厳しく取り締まるとは、本当に意味が分からない・・・

分からないところが多すぎる懐風館高校のお話でした。

女子生徒に伝える事ができるのなら、胸張って高校生活を全うすればいいよ!と言いたいです。

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ