山口敬之の現在~新潮から過去の嘘と捏造がバレる~Facebookでしか反論できない理由は?

   

伊藤詩織さんの事件が何故不起訴処分になったのか、全く意味がわからない。

山口敬之さんはFacebook上で反論後は雲隠れで、存在を消しています。

本当に後ろめたい部分が無いのであれば、戦えばよい・・・

そんな中、週刊新潮から明らかになった嘘と捏造の事実。

 

スポンサーリンク

伊藤詩織さん事件のおさらい

別記事で詳しく書いているので、ここでは簡潔にまとめたいと思います。

2015年4月。

元TBSジャーナリストの山口敬之さんは、就職の相談の為、伊藤詩織さんと面談。

その後、2人で食事をしている際に、山口敬之さんが伊藤さんのグラスに薬を入れ意識を朦朧とさせた状態で、ホテルに連れ込み行為に至ったとする事件です。

タクシー運転手が伊藤詩織さんの意識がない状況であった事、そんな彼女を山口氏が引きずるように連れていた事を証言している。

にも関わらず、山口敬之さんは、

伊藤詩織さんが洋服を脱いでベッドに入ってきた

と主張し、あくまでも合意の上だったと反論。

避妊具は使用されず、ノートパソコンで撮影されていた可能性まであります。

その後、事件はもみ消されます。

事件詳細はコチラ⏬

⇒【元TBS・山口敬之】詩織さん事件!週刊新潮内容とメールのやり取り!安部晋三と昭恵のFacebookに疑問~

 


Black Box

その後の山口敬之さんについて

Facebookで主張反論を繰り返すばかりの山口敬之さんが言うことは一つ。

『法に触れることはしていない』

そのFacebookも、批判的な事を書く人物は即ブロック。

現在、Facebookは見れなくなっています・・・

雲隠れを続ける山口敬之さんですが、検察審査会の議決の直後にようやくコメントを発表しています。

しかし弁護士を通して!!

『この案件は完全に終結しました』

完全にメディアをシャットアウトし、世間から忘れられるのを息を潜めてじっと待つ寸法ですね。

Facebookでしか反論出来ないのでしょう。

どれ程後ろめたい行為だったかが透けて見えます。


Black Box

海外生活の長かった山口敬之さんですから、現在は日本に居ない可能性も高いです。

妻と一人息子はどこで生活しているのやら・・・

スポンサーリンク

山口敬之さんが新潮に暴かれた事とは!

2015年4月2日の週刊文春に、山口敬之さんの記事が掲載されており、内容は【日本の慰安婦問題と同様の事を韓国軍がしていた】とするもの。

山口敬之さんが、元米軍大佐にインタビューし記事にしたものですが、その英訳を本人に読んでもらったところ内容は捏造されていたとする衝撃の事実です⏬

 

■元米軍大佐が証言■

こんなの馬鹿げている、私はそのような事を一度も言っていません。

彼は自分の主張を成り立たせるために私を利用した。

彼は私を利用し、真実ではない言説を私が言ったことにしようとしているのです。

プロのジャーナリストがそんなことをするなんて、失望しています。

私は【慰安婦】という言葉は使っていません。

信頼を裏切られたと感じました。

そんなことをするのは本当にお粗末なジャーナリズムだと感じました。

 

元米軍大佐フィンレイソン氏の動画はコチラ⏬

⇒【週刊新潮】山口敬之「韓国軍に慰安婦」は捏造か 元米軍大佐が証言 

 

さて、山口敬之さんが安倍さんと仲良しなのは周知の事実で、このインタビューも安倍さんからの命令なのか忖度なのか・・・

 

安倍さんもこれまで都合よく山口敬之さんを利用していただけあって、今更、自身の弱味を握られている山口さんを見捨てる訳にもいかないのでしょう。

ここまでくると、悪い想像をしてしまいます。

山口敬之さんの今後の出方によっては、邪魔者になった一人のジャーナリストをどうにかするのは簡単な事。

籠池さん夫婦のように逮捕程度で済めば良い方かも知れませんね・・・

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ, 事件