静岡【ゲーム妨害で激高】父親殺害~男子高校生の母親は?動機と評判~

      2017/10/03

静岡、ゲーム、妨害、激高、父親、殺害、16歳、少年、母親、動機、評判

同じ年齢の子供を持つ親としては、ゾッとするニュースです。

16歳、高校生の息子がゲームを妨害され激高、父親を殺害して逮捕されました。

少年の動機と子供の評判について書きます。

 

スポンサーリンク

事件詳細

2017年9月21日 午後6時。

16歳の男子高校生が、父親の首などを刃物で刺し、現行犯逮捕されました。

父親は搬送先の病院で死亡が確認されました。

首を中心に刺されており、強い殺意を持って犯行に及んだと見て、殺人の容疑で逮捕されました。

 

動機に驚愕

少年は、自室でゲームをしていたといいます。

そこへ父親が『ご飯だよ』と呼びに行ったら、息子が激高し、台所の包丁で父親を複数回刺したという事です。

息子言い分とすれば、口うるさく言われた事に腹が立った事が動機なのかも知れません。

しかし、『ご飯だよ』が口うるさいとなると、もう会話はゼロしかありませんね・・・

恐らく、日常的なわだかまりが2人の間に既あったのではないかと想像します。

※9月23日:追記

取り調べにより、父と子の関係が分かってきました。

『以前から、きつく当たってくる父親が怖かった

という趣旨の供述をしているそうです・・・

スポンサーリンク

少年の評判

同じ中学だった友人のコメントがありました。

『学校では運動部に所属していたが、物静かな印象だった』

また、どちらかと言えばいじられキャラだったとの事です。

 

気になる点

事件があったのは木曜日で平日です。

平日の6時に少年も父親も家に居たのが気になります。

物静かないじられキャラの少年の学校での生活はどうだったのでしょうか・・・

いじられキャラと言えば聞こえは良いのですが、【いじる】と【いじめる】は紙一重ですから気になるところです。

 

同世代の親としては、『ご飯だよ』でキレたのではなく、他の要因も沢山重なっていたと信じたいですね。

また、母親の話では、

『夫は仕事のストレスを家庭に持ち込んでいた』

という趣旨の話をしているという事です。

この時期の男児は母親には無視か感情をぶつけ、父親とは距離をおく傾向にあります。

父親にもストレスがあり、またしつけと思っての言動が行き過ぎていたか、伝わらなかったか・・・

今後明らかにされると思いますが、父子の関係がもう少し詳しくしりたいと思います。

今後の少年

少年は現行犯逮捕ですし、殺人の容疑での逮捕なので罪は重いですね。

しかし16歳では恐らく、少年院に3~5年で出所してくるのではないでしょうか・・・

少年の人生はこれから想像を絶する困難が待ち受けているでしょう。

とても考えさせられる、辛い事件でした・・・

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ