【竹田英俊・セーラー服逮捕】画像あり!父親の残した言葉が泣ける~性癖がヤバイ!

   

竹田英俊、セーラー服、逮捕、画像、父親、性癖

父親を殺害した竹田英俊容疑者の逮捕時の服装がセーラー服で驚愕です・・・

そして父親が残した言葉が悲しい・・・息子の性癖を理解していたとしか思えない。

 

スポンサーリンク

事件内容

竹田英俊容疑者(45)は80代の父親と見られる遺体を3年前から放置していた疑いが持たれています。

驚くことに、逮捕時の服装はセーラー服姿でした・・・

 

詳 細

2017年8月23日。

区役所に生活保護の相談に来た竹田容疑者が職員に、

『父は3年前に他界した。置いておいたら腐ってしまったので、そのままおいてます』

と告白し事件は発覚しました。

 

2014年ごろ、竹田容疑者の父親は他界。

自宅の集合住宅の浴室で男性の遺体を8袋のビニール袋に分けて遺棄した疑いが持たれています。

そして、2017年8月。

白骨化しバラバラになった父親(80代)が発見されました。

死 因

死因はまだ分かっていませんが、目立った外傷はないそうです。

スポンサーリンク

竹田英俊について

年  齢:45歳

職  業:無職

自  宅:東京都練馬区石神井

逮捕時の竹田容疑者はセーラー服

市職員へ告白し、警察に通報され逮捕に至った訳ですが、

逮捕時の竹田容疑者のファッションに驚きです・・・

まさかのセーラー服姿だったのです。。。

 

近隣住民の評判

案の定、近隣住民からは竹田容疑者の不可解な行動が目撃されています。

『(竹田容疑者は)着るものは最近、セーラー服みたいなものを着ていた。』

『4~5日前かな。わたし、初めて見たからビックリしちゃった。ブルーのセーラー服に、赤いおリボンのついたセーラー服』

竹田英俊容疑者は、セーラー服ファッションを自室で楽しむだけでは我慢ならなくなったのでしょう。

異様とも思われるその姿で近所を歩いていたのですね。

無精髭を生やした45歳のおじさんがセーラー服姿で歩いていたら、私ならかなり怖いです・・・

 

 

父親が残した言葉

竹田容疑者が取調べに対しこの様に答えています⏬

『父が生きている時、“もしも死んだら一緒に居ていいよ”と言われた』

言わば、これは父親の遺言だと主張しているようです。

しかし、この言葉を本当に父親が言ったのでしょうか・・・?

もしそうなら、息子の性癖を理解していたのではないかと考えてしまいます。

父親の気持ちを思うと辛くなりますね・・・

 

警察は、父親の死因と、

他界して3年後に生活保護の申請に来ている辺りから、年金を不正に受給していた可能性を調べているようです。

スポンサーリンク

 - ニュースいろいろ