【北朝鮮・ミサイル発射】学校は休校になるの?国の対応をまとめてみた!

   

2017年8月29日。

早朝5時58分、北朝鮮がミサイルを発射しました。

今朝は『Jアラート』が目覚まし代わりという、最悪の朝を迎えた方も多かったのではないでしょうか?

しかし、子供を持つ母として一番気になったのは、『学校どうするの??』という事・・・

国の対応や、世間の親がどのように考えているのかをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

『Jアラート』の内容

青森に住む友人が送ってくれました⏬

■『Jアラート』が配信された地域は以下のとおりです。

北海道・青森県

岩手県・宮城県

秋田県・山形県

福島県・茨城県

栃木県・群馬県

長野県・新潟県

休校措置を取った地域

■原子力関連施設のある六ケ所村の六ケ所高校では安全のため、29日は一日休校措置を取りました。

七戸町では全ての小中学校6校1時間授業の開始時間を繰り下げました。

アメリカ軍基地のある沖縄が狙われるとの意見が多かったのですが、日本に大きなダメージを与えたいのなら原子力機関を狙う可能性は大いにあります・・・

スポンサーリンク

世間の声

■ミサイル警報出てから数分、
もし死ぬことがあるのならば、一緒にいたいです。
危ないと言うのなら休ませます。
学校よりも大切なことです。私にとっては。

 

■休ませる人はミサイルが飛んでくるので休みますと言うのかしら?
先生もなんて答えたらいいかわからんよね。
家にいるより学校の方が安全だと思うし、もちろんうちは事情により毎日登下校送り迎えしてるから行かせます。

 

■緊急速報のメールが来たら、頑丈な建物や地下に避難する事、窓から出来るだけ遠ざかる様にって言ってたよ。
必要以上に騒ぐのは良くないけど、子供に伝えられる事もあるんじゃない?私は子供達に話したよ。

 

この様な意見が多く見受けられました。

親の気持ちも様々ですね。

しかし、行かせると決めている方でも不安があるのは確かでしょう。

 

何故なら、どこが安全かなど誰にも分からない上に、丈夫な建物に逃げろだの、頭を低くして身を守るだの、ミサイルを相手に到底太刀打ち出来ないのでは?と思うからです。

実際、青森にお住まいの方からこの様なコメントがあります⏬

『いきなりこういう状態になっても、どこに避難するか分からないので、避難先とか決めていただきたい

『地下に避難と言われても、この辺、地下がないので対策を考えて欲しい

 

私も今回速報メールを見て、Jアラートを見た上で『行ってらっしゃ~い』て、変な感じだなぁ・・・と思いました。

日本がミサイルを迎撃した場合、又はアメリカが北朝鮮を攻撃した場合など、ミサイルが発射された数時間後の状況を予測するとやはり何が起こるか分からず、怖いな・・・と感じました。

ご家庭ごとでどの様に対応するかを考る機会にして欲しいと思いました。

⇒大阪市ホームページ【弾道ミサイルが大阪に飛来する可能性がある場合の対応等について】

スポンサーリンク

こちらの記事もオススメです

 - ニュースいろいろ