【決定版】頭を使うボードゲーム

パーティゲーム!道具なしで今すぐできる!【オススメ13選】

ここからはトランプを使ったパーティゲームになります!

邪魔にならないサイズな上、ゲームの幅がグンと広がる嬉しいパーティアイテムですよね。


道具なし

紙とペン

トランプ

トランプのパーティゲーム!

インディアンポーカー(3人~52人)

自分のカードが分からない状況で、相手よりも数が大きいのか小さいのかを推測するゲーム。

騙し騙され、心理戦が楽しいゲームです!

■ 準備するもの

 
トランプ52枚

ルール説明
  1. 参加者の中央にトランプを裏向きの状態で置き、ジャンケンで勝った人からカードを引きます。
     
  2. この時、カードは相手には見えるように、でも自分は絶対に見えないように額に当てます。
     
  3. 自分のカードが相手よりも強ければ勝ちなのですが、会話をしながら自分のカードの強さを探ります。
     
    カードの強さは次の通り▼
    K>Q>J>10・・・>2>A
     
  4. 次にジャンケンに勝った人の左隣から順に「チャンジ」(カード変える)、または「ステイ」(そのままのカードで続行)を選んでいきます。
     
    (自分のカードが弱いと思えば「チェンジ」と宣言し、額からカードを捨て、山札から新しいカードに変えます。)
     
  5. 2周回ったら「せーの」の合図でカードをオープンにし、一番弱いカードを持っていた人が負け。

会話なくして出来ないゲームだから、初対面の人ともすぐに仲良くなれちゃうゲームだよ!

うすのろ(3人~13人)

瞬発力も必要なこのゲームは、4回負けたら「うすのろ」認定されちゃうからみんな必死!

盛り上がること間違いなしです!!

■ 準備するもの

 
トランプ:同じ数字のカード4枚 × 人数
コイン:人数より1つ少ない数のコイン

ルール説明
  1. 中央にコインが重ならないように置き、参加者はコインを囲むように座ります。
     
  2. 参加者にはトランプを4枚ずつ裏向きの状態で配ります。
     
  3. 配られたカードを相手に見えないよう、自分だけで確認します。
      
  4. 同じ数字のカードを4枚集めるのですが、不要なカードは裏向きにして左隣に置きます。
     
  5. あなたの右隣の人から置かれたカードがあるはずなので、それを自分の手札に加えます。
     
  6. 同じ数字のカードを一番に揃えた人は、中央に置かれたコインを一枚取ります。
     
  7. それを合図に、他のプレーヤーもコインを取り、取れなかった人が負け。

コインは参加者よりひとつ少ないから、必ず1人負けるってことやね。

1回の負けで「う」の文字が与えられ
2回の負けで「す」を
3回で負けで「の」を
4回で負けで「ろ」を与えられる…
 
そう「うすのろ認定」されてしまうのよ…

ウィンクキラー(5人以上)

キラーにウィンクされると、市民は死んでしまう。

そしてキラーの目的は市民全員を殺すこと・・・と、ちょっと怖い設定のこのゲーム。

ちょうど良い人数は5~7人です!参加者が多い時はチームに分けるのがオススメ。

■ 準備するもの

 
トランプ:ジョーカーを入れた人数分

ルール説明
  1. 参加者はお互いの顔が見えるよう円になって座ります。 
     
  2. トランプを裏向きの状態で配り、ジョーカーを引いた人が「ウィンクキラー役」でその他の参加者は「市民役」になります。
     
  3. ゲーム開始。ウィンクキラーは、目があった人にこっそりウィンクし市民を殺します。
     
  4. ウィンクをされた市民は5秒経ってから「られた」と言い、自分のカードを表に向けゲームから離脱します。
      
  5. 「市民」が最後の1人になったら「キラー」の勝ち。
     
  6. 市民が勝つには、『告発!』と宣言してキラーを指差します。
     
    でも告発は1人ではできないルールで、「保証人」が1人必要です。つまり2人で同じキラーを指差せたら市民の勝ちということ!

市民が『告発!』と宣言した時、他の誰かが『同意!』と手をあげたら、その人が「保証人」となり、2人で告発することになるの。

『せーの!』の掛け声で2人同時にキラーを指差して、当てることができたら市民の勝ち!

誰も同意してくれず保証人がいなかったら、この告発は流れてゲーム続行。

そして「告発する人」と「保証人」はキラーも市民もなることができます!
 
それぞれのケースを詳しく解説▼

市民が「告発人」か「保証人」の場合

「告発人」も「保証人」も市民で、2人が同じ人を指差した場合

  • 指さされたのがキラーの場合
     シンプルに「市民」の勝ち
     
  • 指さされたのが市民の場合
     指さされた市民はゲーム離脱

「告発人」と「保証人」が別々の人を指差した場合

  • 「告発人」と「保証人」はゲームから離脱し、残ったメンバーでゲームを続けます。

キラーが「告発人」か「保証人」の場合

キラーと市民が同じ人を指差した場合

  • 指さされた市民はゲームから離脱し、残ったメンバーでゲームを続けます。

キラーと市民が別々の人を指差した場合

  • 2人共ゲームから離脱。
    つまりキラーは自滅したことになり残ったメンバーの勝ち。

まさかキラーが自ら告発するとは思わないから市民は騙されちゃうね~

でも、一緒に告発する市民が誰を指差すか分かってないと自滅!
 
高リスクですな!!


道具なし

紙とペン

トランプ
1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です