【ワンオク・takaタカの生い立ち】ジャニーズ時代は最悪~弟達も凄かった!

スポンサーリンク

世界的な人気を誇る日本のロックバンドONE OK ROCK(ワンオク)。

ワンオクの顔とも言えるボーカルtaka(タカ)さんのジャニーズの過去はご存じですか?

そして有名な話なのでご存じの方も多いかもしれませんが、takaさんの両親は森昌子と森進一と芸能界のビッグカップルですね!

昭和のビッグカップル、森進一と森昌子

しかし、テレビで見る夫婦のイメージからは想像もできない厳格な父と教育熱心な母だったようで、実は幼少期にそうとう厳しい教育を受け波瀾万丈な生い立ちだと分かりました。

ジャニーズとしてデビュー、サラブレッドという重圧と色眼鏡に苦しんだ過去など、ロック界の代表格ともいえる現在のワンオクのtakaさんに至るまでの生い立ちと家族構成についてまとめてみました。

知っている方も知らなかった方も、今まで以上にワンオクが好きになるかもしれませんよ!

▷イグジット兼近(かねち)の家族構成「生い立ちが泣ける」妹と母親が話題!

スポンサーリンク

ワンオクtakaタカの家族構成が凄すぎる

プロフィール

 

 

  • 生年月日:1988年4月17日(31歳/2019年現在)
  • 本名:森内貴寛
  • 両親:森進一さん、森昌子さん
  • 兄弟:タカは長男、下に2人の弟

まさにサラブレッド!!
takaさんの歌唱力の高さは両親譲りだったんですね!

華々しい2人の弟

次男:智寛さん

次男・智寛さんはテレビ東京で局員をしています。
昔、とんねるずさんの番組でADをしていた時期があり、「おふくろさん歌ってくれよ」といじられていたことがあるそうですよ^^

三男:寛樹さん

三男:寛樹さんは【MY FIRST STORY】というロックバンドで“HIRO”の名でボーカルをしています。

フジテレビ系アニメの“信長協奏曲”で主題歌となった“不可逆リプレイス”は有名ですね。

https://youtu.be/pRG7FJobkv4
(MY FIRST STORY‐不可逆リプレイス‐【Official Video】より)

いやー、かっこいい!
taka(タカ)とは違うロックの道へ進まれていますが、HIROさんもまた両親譲りで歌唱力抜群です。

兄弟3人とも“寛”という漢字を使っていますが、お父様の森進一さんの本名である“一寛”から一文字取って名づけられました。

スポンサーリンク

ワンオクタカの両親の教育が厳しすぎる!

さて、ワンオクのタカの両親は昭和のビッグスター森進一さんと森昌子さんだと書きましたが、森夫妻はテレビで見る穏やかなイメージとは違い、超がつくほどスパルタ教育でした。

takaさんたち兄弟は本当に厳しく育てられてきました・・・。

①敬語は絶対!

森家では たとえ兄弟間での会話も必ず敬語で話すよう言われていました。
特に、下の子は上の子に絶対服従だそうです!

②呼び名は番号!

母の昌子さんは息子たちを名前で呼ばず、長男から順に「1番!」「2番!」「3番!」と呼んでいたそうです笑
それは大人になった今でも続いているそうで、スマホの登録にも番号のまま入っているそうです・・・って、それはどうかと思いますよw昌子さん・・・

③18歳になったら強制自立!

18歳になればもう一人前の社会人!という方針で、強制的に家を出るよう言われてきたそうです。

中学が終わる頃から「あと3年ですよー」と準備を促されたんだとか。

④その他軍隊並みのしつけまとめ!

門限を破ったら家に入れない!!!

左利きになりそうだと分かったら椅子に左腕を縛り付けて右利きにさせようとした!

父の森進一さんは特に食事のマナーには厳しかったようで、箸の持ち方が悪ければ輪ゴムで縛って矯正!!

箸を持つのは父から順に、長男、次男・・・もちろん、食べ始めるのも父から順!!

母親・森昌子の想い

もちろん、両親とも、ただただ厳しくしていた訳ではありません。

昌子さんは“母親力”という本を出版されているのですが、その本が話題となっています。

母親力 息子を「メシが食える男」に育てる

テレビ出演された時に、「ひとりで飯が食える男になってほしい」と、親に依存せず、年上を敬い、自分のことは自分でする、など我流の子育て論を語っていました。

まさに愛ですね!

立派な一人前の男に育ってほしいという願いから、超スパルタ教育になっていたようです。

スポンサーリンク

ワンオク・タカはジャニーズだった!

さてワンオク・タカの芸能界デビューですが、バンドマンスタートではありません!

幼少の頃、少年隊の舞台を観て「僕も歌って踊りたい」と影響をうけたそうで、2001年8月13歳の時にジャニーズ事務所へ入所しています。

父・森進一さんからは初め反対されたそうですが、「成績が下がったら辞めさせる」という条件つきで、芸能界入りを認めてもらったそうです。

一切の妥協を許さなかった父、森進一さんがtaka(タカ)さんに通わせていたのは慶応義塾幼稚舎で、アメリカンスクール並みに日常的に英語が飛び交うような名門校でした。

ここにも超スパルタ教育が現れていますね。

そんな名門校で成績を落とさず芸能活動とは…そうとう厳しい条件です!

しかしタカさんは当時から親譲りの抜群の歌唱力で、すぐに頭角を現し、2003年9月NEWSの初期メンバーに抜擢!

見事アイドルデビューを果たします。

山Pこと山下智久さんを擁するNEWSは、言うまでもなくデビュー時から話題となり、すぐに人気が出ました。

タカは実力に合わせて両親のネームバリューが加わり、このまま順風満帆なアイドル生活を送るだろうと誰もが思っていました。

・・・が、そうはいかず。周囲からはバッシングの嵐…。

親の七光り!!!
昔から頑張っている他のJr.がかわいそう!

と、当時は酷い言われようでした。

歌唱力は本物だっただけに認めて貰えなかったのは悔しかったでしょうね・・・

思春期でしたし、これは辛い……。

そして、デビュー後わずか3か月でtakaさんは芸能活動休止、その後ジャニーズを退所。

理由は“学業に専念するため”とのことでしたが、実際はスキャンダルも関わっていたものと思われます。

酷いバッシングに遭い、徐々に素行が悪くなっていたtakaさんは、夜遊びが目立つようになり、ついには女性とベッドにいる写真を雑誌に掲載されてしまったのです。


当時15歳の未成年だったこともあり、一大スキャンダルとなってしまいました。

しかもこの写真を提供したと思われる人物が、当時の友人だった可能性があるらしく・・・

自分自身も軽率だったかもしれませんが、これは悲しすぎます…。

スポンサーリンク

ワンオク・タカ、どん底時代続きロックの道へ!!

タカはジャニーズ退所後も、素行の悪さから学校への呼び出しが頻繁にあったそうで、更には当時受けたバッシングが父親に飛び火し、父・森進一さんとは確執ができたそうです。

恐らくそれまでの人生で最も悩んでいたであろうそんな時、RISEの金子ノブアキさんと食事をする機会があり、ロックのライブへ誘われ、人生が大きく変わりました。

「バンドをやりたい!」という思いから、慶應義塾湘南藤沢高等部を1年修了時に自主退学。

家を出て自活をはじめ、飲食店でバイトしながらも定期的に音楽学校へ通い、ギターやパソコンを学んだそうです。
本当にやりたい事が見つかったんでしょうね!!

そしていよいよ、高校時代の友人2人とエレクトーン、クリアギター、ボーカルの3ピースバンド“CoM(Chivalry of Music)”を組み、R&Bやバラード曲中心に活動します。

まさに、“ロックバンドtaka”の原点です!


さらにここから運命の輪が!!

ワンオクのボーカルとしてタカが誘われるのです!!

共通の友人を介してワンオク(当時まだバンド名は決まっていなかった)を結成したばかりのToruさんがライブを観て衝撃を受け、その場でtakaさんをワンオクボーカルとして勧誘したのです。

ただ、takaさんは過去のことで傷心、人を信じることが出来ず、さらにはこの年(2005年4月)に両親の離婚等重なり、受け入れることが出来なかったとのこと・・・

しかしToruさんは日に何度もメールを送る熱烈っぷり。
バイト先にまで押しかけ、まるでストーカー笑

そして、ついに折れたtakaさんが「一回だけ」との約束で観に行ったワンオクの練習スタジオで逆に衝撃を受け、ワンオク加入を承諾したのです!!!

Toruさんの熱意に敬意を表します!(笑)

2007年4月にONE OK ROCKとしてメジャーデビュー!

その後、メンバーの脱退、活動休止、翌年の活動再開等を経て、今ではアジア、ヨーロッパ、アメリカと世界に渡り、活躍の幅を広げています。

スポンサーリンク

ワンオク・タカの生い立ちまとめ

国民的歌手である両親と、恵まれた環境に育ち、今では誰もが知るバンドボーカルのワンオク・タカですが、順風満帆に思われたその人生には芸能一家ならではの悩みがあり、苦しんだ過去がよく分かりましたね。

しかし同時に、親の愛も感じられる生い立ちが見えてきました。

ちなみに、森内家では森進一さんの歌がずっと家の中で流れていたそうで、子供時代ずっと聞いていたtakaさんたち息子3人とも、父の歌をすべて歌えるのだとか。

しかも、鼻歌で歌っていてキーが外れると、わざわざ部屋へ父がやってきて、「そこ外れているぞ」と注意を受けたそうですよ。

ちょっとイヤです笑

厳しい教育を受け、反発されたこともありますが、今ではご本人のInstagram等にツーショット写真を掲載していることもあり、両親ともに仲の良い姿がうかがえます。

ワンオクの曲には“Nobody’s Home”という曲が、両親への謝罪と感謝の気持ちをストレートに歌った曲となっていて、ファンの間でも話題になっていますよ▽

武道館ライブの際にご両親を招待し、この曲を披露したことでも有名です。

聞いたことのない方は是非一度聞いてみてください!

これからもワンオクの活躍に目が離せません!!

城田優の母親【ペピー】の生い立ちが壮絶過ぎて泣ける!父親・城田光男とは誰?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です